2007年12月28日

ミシェル・ペトルチアーニ『マーヴェラス』

Marvellous.jpg Michel Petrucciani - Marvellous

1993年、母国フランスに帰国したミシェル・ペトルチアーニは、新興のドレフュス・ジャズと契約。以後、立て続けに傑作を吹きこんでいきます。
移籍第1弾『マーヴェラス』は、デイヴ・ホランドとトニー・ウィリアムスという豪華なメンバーを迎え、弦楽四重奏団をバックにピアノを弾きまくるという意欲作です。

急速調の〈マンハッタン〉からリキの入った演奏が続きます。新天地でやる気にみなぎるペトちゃんの思いがストレートに伝わってきて、実に気持ちいい快演です。1年の疲れも吹き飛びます!
ペトちゃん本人によるライナーの最後に「人生は不思議だ(Marvellous)」とあります。驚きの連続で、奇跡のような、最高の音楽をあなたに(笑)。



Michel Petrucciani "Marvellous"
(Dreyfus Jazz FDM 36564)

Michel Petrucciani (piano)
Dave Holland (bass)
Tony Williams (drums)

Graffiti String Quartet:
Vincent Pagliarin (violin)
Nicolas Krassik (violin)
Pierre Lemarchand (viola)
Vincent Courtois (cello)

Produced by Michel Petrucciani
Recorded by Roger Roche
Recorded at Studio Palais des Congres, 1994

[Tracks] Michel Petrucciani - Marvellous
01. Manhattan Michel Petrucciani (music) Michel Petrucciani - Marvellous - Manhattan
02. Charlie Brown Michel Petrucciani (music) Michel Petrucciani - Marvellous - Charlie Brown
03. Even Mice Dance Michel Petrucciani (music) Michel Petrucciani - Marvellous - Even Mice Dance
04. Why Philippe Petrucciani (music) Michel Petrucciani - Marvellous - Why
05. Hidden Joy Michel Petrucciani (music) Michel Petrucciani - Marvellous - Hidden Joy
06. Shooting Stars Michel Petrucciani (music) Michel Petrucciani - Marvellous - Shooting Stars
07. You Are My Waltz Michel Petrucciani (music) Michel Petrucciani - Marvellous - You are my waltz
08. Dumb Breaks Michel Petrucciani (music) Michel Petrucciani - Marvellous - Dum Breaks
09. 92's Last Michel Petrucciani (music) Michel Petrucciani - Marvellous - 92's Last
10. Besame Mucho Conseulo Velasquez (music and lyrics) Michel Petrucciani - Marvellous - Besame Mucho

[Links: Michel Petrucciani]
Michel Petrucciani (by Rainer Wolffram)
J'adore Michel Petrucciani (by poisson)
Discography of Michel Petrucciani (@ Corner Pocket by thedia)
Michel Petrucciani (@ Nelson's Navigator for Modern Jazz)
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic
[Links: Dave Holland]
Dave Holland (Official Website)
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic
[Links: Tony Williams]
Tony Williams Discography (by ANTAIOS)
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic

最後にポチッとよろしく。 人気ブログランキング


posted by ユキヒロ at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Dreyfus Jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミシェル・ペトルチアーニ『ミュージック』

Music.jpg Michel Petrucciani - Music

1982年、アメリカに渡ったミシェル・ペトルチアーニは、隠遁生活を送っていたチャールズ・ロイド(あの『フォレスト・フラワー』のロイドです。フラワー・ムーヴメントの後、精神世界へと引き蘢っていたようです)を訪ねて西海岸へと移動、すっかりやる気をなくしていたロイドを、ふたたびジャズの世界へと連れ戻します。
(ここらへんの話は、ネルソンさんのペトちゃんに関する記事が秀逸です。「人とその周辺」やロイドの項目もあわせて読むと、ためになります)

ロイドのもとで研鑽を積んだペトちゃんは、86年、フランス人としてははじめて名門ブルーノートと専属契約を結びます。
ブルーノート時代は計7枚のアルバムを吹きこみますが、オーソドックスなトリオ作から、大好きなデューク・エリントンの作品集(ソロ演奏)、ウェイン・ショーター&ジム・ホールとの共演盤(モントルー・ジャズ・フェスティヴァルでの実況録音)など、1作ごとに趣向を変え、音楽家としての地位を確かなものにしていきます。

ミュージック』は、そんなブルーノート時代の集大成とでもいうべきアルバムです。ここで、ペトちゃんはなんと、シンセを導入しています。
「電化は苦手」というなかれ。ペトちゃんの明るい曲調と控えめなシンセの音色の相性は抜群。さわやかな風が頬をかすめます。

1曲目の〈ルッキング・アップ〉から、ペトちゃんワールド全開です。そうそう、これこれ。こんなに明るく、ポジティヴで、生命の輝きに満ちた音楽ってありますか? 伸びやかなピアノの高音がスーッと耳にとけ込んできます。私も大好きです。



Michel Petrucciani "Music"
(Blue Note 92563)

Michel Petrucciani (piano, synthesizer, organ, vocal)
Anthony Jackson (electric bass) #1, 5
Chris Walker (electric bass) #4, 8
Andy McKee (bass) #2, 3, 7
Eddie Gomez (bass) #6
Lenny White (drums) #1, 4, 5, 8
Victor Jones (drums) #2, 3, 6, 7
Frank Colon (percussion) #1, 2, 4, 5, 6, 7, 8
Adam Hozman (synthesizer) #1, 2, 4, 5, 7, 8
Robbie Kondor (synthesizer programming) #1, 2, 4, 5, 6, 7, 8

Gil Goldstein (accordion) #2
Romero Lubambo (acoustic guitar) #4
Tania Maria (vocal) #7

Produced by Michel Petrucciani, Eric Kressmann
Recorded by Tom Swift
Recorded at The Record Plant

[Tracks] Michel Petrucciani - Music
01. Looking Up Michel Petrucciani (music) Michel Petrucciani - Music - Looking Up
02. Memories Of Paris Michel Petrucciani (music) Michel Petrucciani - Music - Memories of Paris
03. My Bebop Tune Michel Petrucciani (music) Michel Petrucciani - Music - My Bebop Tune
04. Brazilian Suite No. 2 Michel Petrucciani (music) Michel Petrucciani - Music - Brazilian Suite No. 2
05. Bite Michel Petrucciani (music) Michel Petrucciani - Music - Bite
06. Lullaby Michel Petrucciani (music) Michel Petrucciani - Music - Lullaby
07. O Nana Oye Michel Petrucciani (music) Michel Petrucciani - Music - O Nana Oye
08. Play Me Michel Petrucciani (music) Michel Petrucciani - Music - Play Me

[Links: Michel Petrucciani]
Michel Petrucciani (by Rainer Wolffram)
J'adore Michel Petrucciani (by poisson)
Discography of Michel Petrucciani (@ Corner Pocket by thedia)
Michel Petrucciani (@ Nelson's Navigator for Modern Jazz)
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic
[Links: Anthony Jackson]
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic
[Links: Chris Walker]
Chris Walker (Official Website)
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic
[Links: Andy McKee]
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic
[Links: Eddie Gomez]
Eddie Gomez (Official Website)
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic
[Links: Lenny White]
Lenny White (Official Website)
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic
[Links: Victor Jones]
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic
[Links: Frank Colon]
Frank Colon (Official Website)
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic
[Links: Gil Goldstein]
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic
[Links: Romero Lubambo]
Romero Lubambo (Official Website)
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic
[Links: Tania Maria]
Tania Maria (Official Website)
Tania Maria (Official Website)
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic

最後にポチッとよろしく。 人気ブログランキング


posted by ユキヒロ at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Blue Note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ミシェル・ペトルチアーニ』

Michel Petrucciani.jpg Michel Petrucciani - Michel Petrucciani

今から45年前の今日、ペトちゃんことミシェル・ペトルチアーニがこの世に生を授かりました(1962年12月28日、南仏プロヴァンスのオランジュ生まれ)。
生まれつき骨形成不全症という病気を患っていて、身長は1メートルほど、骨ももろく、寿命は20年ほどだといわれていました(実際は36歳まで生きた)。身体は小さなペトちゃんですが、手は大きい。その大きな手を振りかざして全身全霊で演奏に打ち込む姿は、またに「ピアノの化身」。見る者に大きな感動を与えてくれる存在でした。

フランスのレーベル、アウルに吹きこまれた『ミシェル・ペトルチアーニ』(通称「赤ペト」)は、ペトちゃん18歳のときの公式デビュー盤です。
ジェニー・クラーク、アルド・ロマーノという、フリー・ジャズもこなす重量級のリズム・セクションをバックに、臆することなく、色彩豊かなメロディーをくりだすペトちゃんがいとおしい。

音の粒立ちの美しさも、ペトちゃんならではです。力強く、歯切れのよいタッチで、鍵盤のうえを縦横無尽にかけめぐるペトちゃんの右手はまさにビューティフル! 
このポジティヴな音色を聴きたくて、ついついペトちゃんのアルバムに手を伸ばしてしまうんです。えもいわれぬ高揚感。人生って悪くないな、と思える瞬間です。



"Michel Petrucciani"
(Owl 025)

Michel Petrucciani (piano)
J.F. Jenny Clark (bass)
Aldo Romano (drums)

Produced by Jean-Jacques Pussiau, Francois Lemaire
Recorded by Yan Willen
Recorded at Spitsbergen Studio, Holland; April 3, 4, 1981

[Tracks] Michel Petrucciani - Michel Petrucciani
01. Hommage A Enelram Atsenig Michel Petrucciani (music) Michel Petrucciani - Michel Petrucciani - Hommage A Enelram Atsenig
02. The Days Of Wine And Roses Henry Mancini (music) / Johnny Mercer (lyrics) Michel Petrucciani - Michel Petrucciani - Days Of Wine And Roses
03. Christmas Dreams Aldo Romano (music) Michel Petrucciani - Michel Petrucciani - Christmas Dreams
04. Juste Un Moment Michel Petrucciani (music) Michel Petrucciani - Michel Petrucciani - Juste Un Moment
05. Gattito Aldo Romano (music) Michel Petrucciani - Michel Petrucciani - Gattito
06. Cherokee Ray Noble (music and lyrics) Michel Petrucciani - Michel Petrucciani - Cherokee

[Links: Michel Petrucciani]
Michel Petrucciani (by Rainer Wolffram)
J'adore Michel Petrucciani (by poisson)
Discography of Michel Petrucciani (@ Corner Pocket by thedia)
Michel Petrucciani (@ Nelson's Navigator for Modern Jazz)
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic
[Links: J.F. Jenny Clark]
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic
[Links: Aldo Romano]
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic

最後にポチッとよろしく。 人気ブログランキング


posted by ユキヒロ at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。