2007年12月28日

ミシェル・ペトルチアーニ『マーヴェラス』

Marvellous.jpg Michel Petrucciani - Marvellous

1993年、母国フランスに帰国したミシェル・ペトルチアーニは、新興のドレフュス・ジャズと契約。以後、立て続けに傑作を吹きこんでいきます。
移籍第1弾『マーヴェラス』は、デイヴ・ホランドとトニー・ウィリアムスという豪華なメンバーを迎え、弦楽四重奏団をバックにピアノを弾きまくるという意欲作です。

急速調の〈マンハッタン〉からリキの入った演奏が続きます。新天地でやる気にみなぎるペトちゃんの思いがストレートに伝わってきて、実に気持ちいい快演です。1年の疲れも吹き飛びます!
ペトちゃん本人によるライナーの最後に「人生は不思議だ(Marvellous)」とあります。驚きの連続で、奇跡のような、最高の音楽をあなたに(笑)。



Michel Petrucciani "Marvellous"
(Dreyfus Jazz FDM 36564)

Michel Petrucciani (piano)
Dave Holland (bass)
Tony Williams (drums)

Graffiti String Quartet:
Vincent Pagliarin (violin)
Nicolas Krassik (violin)
Pierre Lemarchand (viola)
Vincent Courtois (cello)

Produced by Michel Petrucciani
Recorded by Roger Roche
Recorded at Studio Palais des Congres, 1994

[Tracks] Michel Petrucciani - Marvellous
01. Manhattan Michel Petrucciani (music) Michel Petrucciani - Marvellous - Manhattan
02. Charlie Brown Michel Petrucciani (music) Michel Petrucciani - Marvellous - Charlie Brown
03. Even Mice Dance Michel Petrucciani (music) Michel Petrucciani - Marvellous - Even Mice Dance
04. Why Philippe Petrucciani (music) Michel Petrucciani - Marvellous - Why
05. Hidden Joy Michel Petrucciani (music) Michel Petrucciani - Marvellous - Hidden Joy
06. Shooting Stars Michel Petrucciani (music) Michel Petrucciani - Marvellous - Shooting Stars
07. You Are My Waltz Michel Petrucciani (music) Michel Petrucciani - Marvellous - You are my waltz
08. Dumb Breaks Michel Petrucciani (music) Michel Petrucciani - Marvellous - Dum Breaks
09. 92's Last Michel Petrucciani (music) Michel Petrucciani - Marvellous - 92's Last
10. Besame Mucho Conseulo Velasquez (music and lyrics) Michel Petrucciani - Marvellous - Besame Mucho

[Links: Michel Petrucciani]
Michel Petrucciani (by Rainer Wolffram)
J'adore Michel Petrucciani (by poisson)
Discography of Michel Petrucciani (@ Corner Pocket by thedia)
Michel Petrucciani (@ Nelson's Navigator for Modern Jazz)
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic
[Links: Dave Holland]
Dave Holland (Official Website)
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic
[Links: Tony Williams]
Tony Williams Discography (by ANTAIOS)
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic

最後にポチッとよろしく。 人気ブログランキング


posted by ユキヒロ at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Dreyfus Jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月22日

『シャンゼリゼ劇場のミシェル・ペトルチアーニ』

autheatredeschampselysees.jpg 

ミッシェル・ペトルチアーニのソロ・ライヴ・パフォーマンス『シャンゼリゼ劇場のミシェル・ペトルチアーニ』です。よけいな装飾を排したソロ・パフォーマンスだからこそ、ペトちゃんのカラフルで力強いピアノを堪能できます。

圧巻は、なんといっても40分以上にわたって好きな曲をひたすら弾き続けたという1曲目。
ハービー・ハンコックの〈処女航海〉というちょっと意表をつく選曲ではじまり、ロジャース&ハートの代表作〈マイ・ファニー・ヴァレンタイン〉、自作曲の〈Rachid〉と〈Chloe Meets Gershwin〉、デューク・エリントンの〈イン・ア・センチメンタル・ムード〉、シャンソン生まれのジャズ・スタンダード〈枯葉〉、そしてペトちゃんのテーマ曲でもある〈A列車で行こう〉と続くメドレーは、縦横にかけめぐるペトちゃんのピアノの響きに身をまかせるにはもってこいです。

小さな巨人ペトちゃんの類い稀なるパフォーマンスに心の底から感動します。

 

Michel Petrucciani "Au Theatre Des Champs-Elysees"
(Dreyfus FDM 36570)

Michel Petrucciani (piano)

Produced by Yves Chamberland, Francis Dreyfus
Recorded by Roger Roche
Recorded live at Theatre des Champs-Elysees, Paris, November 14, 1994

[Tracks: Disc 1] 
01. Medley Of My Favorite Songs (arr. Michel Petrucciani) 
02. Night Sun In Blois (music: Michel Petrucciani) 
03. Radio Dial 〜 These Foolish Things (music: Michel Petrucciani) 〜 (music: Jack Strachey, Harry Link/words: Holt Marvell) 

[Tracks: Disc 2] 
01. I Mean You 〜 'Round Midnight (music: Thelonious Monk) 〜 (music: Thelonious Monk, Cootie Williams/words: Bernie Hanighen) 
02. Even Mice Dance 〜 Caravan (music: Michel Petrucciani) 〜 (music: Duke Ellington, Juan Tizol/words: Irving Mills) 
03. Love Letter (music: Michel Petrucciani) 
04. Besame Mucho (music: Conseulo Velasquez) 

[Links: Michel Petrucciani]
Michel Petrucciani (by Rainer Wolffram)
J'adore Michel Petrucciani (by poisson)
Discography of Michel Petrucciani (@ Corner Pocket by thedia)
Michel Petrucciani (@ Nelson's Navigator for Modern Jazz)
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic

最後にポチッとよろしく。 人気ブログランキング


posted by ユキヒロ at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Dreyfus Jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月20日

ミシェル・ペトルチアーニ,エディ・ルイス『デュオ・イン・パリ』

conferencedepresse1.jpg Eddy Louiss & Michel Petrucciani - Conf?rence de Presse, Vol. 1

conferencedepresse2.jpg Eddy Louiss & Michel Petrucciani - Conf?rence de Presse, Vol. 2

ドレフュスといえば、ジュリー・ドレフュスというのは半分ホントで、彼女はレーベルの創始者フランシスの実の娘。でも、ジャズレーベルとしてのドレフュスを代表するのは、なんといってもミッシェル・ペトルチアーニ(愛称ペトちゃん)。1962年12月28日、フランス、オーランジュ生まれ。1999年1月6日、ニューヨーク州ニューヨークで死去。

ペトちゃんは病気のせいで体がとてもちっちゃいけれど、「ピアノを鳴らす」ことにかけては誰にも負けません。正確で力強いタッチ、抜群のテクニックと歌心、観客をとことん楽しませようというサービス精神。「明るく朗らかな」という形容詞はジャズとは無縁の言葉ですが、ペトちゃんには似つかわしい。
特に90年代に入って、活動の拠点をそれまでのブルーノートから、母国フランスのドレフュスに移してから、その傾向が強いように感じます。小さな巨人は「爽やかな風」のように私たちの前を走り去っていきました(99年に急逝。ご冥福を祈ります)。

デュオ・イン・パリ Vol.1』『同 Vol.2』は、フランス人オルガン奏者エディ・ルイスとのデュオ作品です。
オルガンというと、60年代のプレスティジのコテコテ路線を思い浮かべて敬遠する人がいるかもしれませんが(あれはあれで奥の深い世界だと個人的には思います)、そこはフランス人ですから、アーシーな泥臭さは微塵も感じさせません。澄み渡る青空のようなカラッとした音を聞かせます。ペトちゃんとの相性もバッチリです。

ちなみに、ドレフュスの日本発売元ビデオアーツ・ミュージックではVol. 1 と Vol. 2 をカップリングして2枚組 CD で発売しているので、入手するならそちらが便利かも。

 

Eddy Louiss, Michel Petrucciani "Conference De Presse, Vol. 1"
(Dreyfus FDM 36568-2)
Eddy Louiss, Michel Petrucciani "Conference De Presse, Vol. 2"
(Dreyfus FDM 36573-2)

Michel Petrucciani (piano)
Eddy Louiss (organ)

Produced by Francis Dreyfus, Yves Chamberland
Recorded live at Petit Journal Montparnasse, Paris, 1994

[Tracks: Vol. 1] Eddy Louiss & Michel Petrucciani - Conf?rence de Presse, Vol. 1
01. Les Grelots Eddy Louiss (music) Eddy Louiss & Michel Petrucciani - Conf?rence de Presse, Vol. 1 - Les grelots
02. Jean-Philippe Herbien Eddy Louiss, Michel Petrucciani (music) Eddy Louiss & Michel Petrucciani - Conf?rence de Presse, Vol. 1 - Jean-Philippe Herbien
03. All The Things You Are Jerome Kern (music) / Oscar Hammerstein II (lyrics) Eddy Louiss & Michel Petrucciani - Conf?rence de Presse, Vol. 1 - All the Things You Are
04. I Wrote You A Song Michel Petrucciani (music) Eddy Louiss & Michel Petrucciani - Conf?rence de Presse, Vol. 1 - I Wrote Uou a Song
05. So What Miles Davis (music) Eddy Louiss & Michel Petrucciani - Conf?rence de Presse, Vol. 1 - So What
06. These Foolish Things Jack Strachey, Harry Link (music) / Holt Marvell (lyrics) Eddy Louiss & Michel Petrucciani - Conf?rence de Presse, Vol. 1 - These Foolish Things
07. Amesha Eddy Louiss (music) Eddy Louiss & Michel Petrucciani - Conf?rence de Presse, Vol. 1 - Amesha
08. Simply Bop Michel Petrucciani (music) Eddy Louiss & Michel Petrucciani - Conf?rence de Presse, Vol. 1 - Simply Bop

[Tracks: Vol. 2] Eddy Louiss & Michel Petrucciani - Conf?rence de Presse, Vol. 2
01. Autumn Leaves Joseph Kosma (music) / Jacques Prevert (French lyrics), Johnny Mercer (English lyrics) Eddy Louiss & Michel Petrucciani - Conf?rence de Presse, Vol. 2 - Autumn Leaves
02. Hub Art Michel Petrucciani (music) Eddy Louiss & Michel Petrucciani - Conf?rence de Presse, Vol. 2 - Hub Art
03. Caravan Duke Ellington, Juan Tizol (music) / Irving Mills (lyrics) Eddy Louiss & Michel Petrucciani - Conf?rence de Presse, Vol. 2 - Caravan
04. Naissance Eddy Louiss (music) Eddy Louiss & Michel Petrucciani - Conf?rence de Presse, Vol. 2 - Naissance
05. Rachid Michel Petrucciani (music) Eddy Louiss & Michel Petrucciani - Conf?rence de Presse, Vol. 2 - Rachid
06. Caraibes Eddy Louiss (music) Eddy Louiss & Michel Petrucciani - Conf?rence de Presse, Vol. 2 - Cara?bes
07. Au P'tit Jour Eddy Louiss (music) Eddy Louiss & Michel Petrucciani - Conf?rence de Presse, Vol. 2 - Au p'tit jour
08. Summertime George Gershwin (music) / DuBose Heyward (lyrics) Eddy Louiss & Michel Petrucciani - Conf?rence de Presse, Vol. 2 - Summertime

[Links: Michel Petrucciani]
Michel Petrucciani (by Rainer Wolffram)
J'adore Michel Petrucciani (by poisson)
Discography of Michel Petrucciani (@ Corner Pocket by thedia)
Michel Petrucciani (@ Nelson's Navigator for Modern Jazz)
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic
[Links: Eddy Louiss]
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic

最後にポチッとよろしく。 人気ブログランキング


posted by ユキヒロ at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Dreyfus Jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月19日

カティア・ラベック『リトル・ガール・ブルー』

littlegirlblue.jpg

カティアとマリエルのラベック姉妹といえば、
クラシック界の名ピアノデュオとして知られているそうですが、
(ごめんなさい、私は全然そっち方面は知りません)
この『リトル・ガール・ブルー』は、その姉カティアが
個性的なジャズピアノの達人たちをゲストに招いて、
デュオ形式で収録したアルバムです。
(フランスのレーベル、 ドレフュスより。
 日本での発売元はビデオアーツ・ミュージック

それにしても、なんともぜいたくな作品です。
チック・コリアにハービー・ハンコック、
ゴンザロ・ルバルカバ、ジョー・ザビヌル、
ジョーイ・デフランセスコ、そしてミッシェル・カミロ。
ゲストの名前を見ただけで触手が動くのは、私だけではないはずです。

「クラシック畑の人間だから、どうせ譜面を弾いているんだろう」
というのは、おそらく正しい見方です。
たとえばカティアが1人で弾いている6曲目は、
アレンジがオスカー・ピーターソンで、
記譜した人の名前まで出ています。
でも、そういう偏狭なものの見方は、人生の楽しみを半減させます。
ピアノの音色を全身にあびるもよし、
ゲスト・プレイヤーの個性の違いを聞くもよし、
人それぞれ、いろんな楽しみ方がありそうです。続きを読む
posted by ユキヒロ at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Dreyfus Jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。