2006年11月26日

ビル・エヴァンス&ジム・ホール『アンダーカレント』

evans_undercurrent.jpg

1961年6月25日の日曜日、エヴァンス・トリオは2週間にわたるヴィレッジ・ヴァンガード公演のしめくくりに、はじめてのライヴ・レコーディングにのぞみます。当初、このライヴは1枚のアルバムにまとめられる予定でしたが、ラファロの不慮の死(7月6日、ニューヨーク近郊のジニーヴァで自動車事故死)によって、急遽、ラファロの追悼盤の色彩が強い『サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』が同年9月にリリースされ、時をおいて、翌62年の春に『ワルツ・フォー・デビー』が発売されました。

エヴァンス・トリオはこのライヴ・パフォーマンスで、彼らは理想の形を実現させました。3人がたがいに触発されながら自由にふるまい、それでいて、ひとつの美しい作品に結実させていく。このあたりの事情は、現場証人に語ってもらうのがいちばんです。当時ヴァンガードに入り浸っていた高校生のジャズファン、ピーター・ティトルマンのエヴァンス・トリオの見聞記(以下、引用はピーター・ペッティンガー著、相川京子訳『ビル・エヴァンス―ジャズ・ピアニストの肖像』より)。

ラファロ、モチアン、そしてエヴァンスはそれぞれ独自のスタイルを持っていたが、なぜか同じタイミングで演奏していた。彼らは全員が集中して常に自分自身のなかへ深く入り込んでいるようだったが、他のふたりの演奏に耳を傾けながら相互に反応し、まるで超生命体の様だったーーたぶん、そうだったのだろう。つまり、感情に操られた関係のように、存在、もしくは相互に作用し合っていた。

そして、ラファロについてのエヴァンスのコメント。

スコットは私の次の考えが読める、信じられないような奴だった。いつも「どうして彼は私がこっちへ行くとわかるんだ?」と不思議だった。たぶん彼も同じように思っていたに違いない。

あれ(この日のライヴ)がスコットに会った最後で、一緒に演奏した最後でもあった。ある特定の傑出したミュージシャンの演奏に依存する部分が多いコンセプトを発展させてしまったら、その人物がいなくなってしまった時はどうやってふたたび演奏し始めればいいのだろう?

自分の分身を失ってしまった失意のエヴァンスは、しばらくピアノに向かうことすらできませんでした。もともとあったドラッグ癖が悪化したのもこの頃だと思われます。エヴァンスの死後に陽の目を見たマイルストーン盤『コンセプション』には、ドラッグでボロボロになった(?)エヴァンスの破綻した演奏が残されています(有名な〈ダニー・ボーイ〉など、1962年4月4日収録の4曲は、日本編集盤『ビル・エヴァンス・ソロ:イージー・トゥ・ラヴ』や、輸入盤『タイム・リメンバード』で聴くことができます)。

エヴァンスの低迷は、しかし、そう長くは続きませんでした。ギタリスト、ジム・ホールとの共演盤『アンダーカレント』は、エヴァンス完全復活を高らかに告げる傑作です。

セッションは2回にわたって行われました。62年4月24日の第1回目のレコーディングでは、エヴァンスがまだ本調子でなかったようで、結局〈アイ・ヒア・ア・ラプソディー〉1曲のみが本採用となりました。

2回目は3週間後のの5月14日。ここで、エヴァンスとホールは、有名な〈マイ・ファニー・ヴァレンタイン〉を急速調で料理します。ふたりの息をつかせぬインタープレイ。名手ジム・ホールを相手に、過激なまでに原曲のイメージを解体していくスリリングな展開に、思わず拍手! 長いトンネルを抜け出したエヴァンスの高揚感が伝わってくるようです。

哀しみがこぼれおちる3曲目〈ドリーム・ジプシー〉。切々と胸に迫るジム・ホールのギターの響き。エヴァンスも負けていません。感情をひとつひとつていねいに込めるように、シンプルに歌い上げていきます。

そして、ジム・ホールのオリジナル〈ロメイン〉、ジョン・ルイスの〈スケーティング・イン・セントラル・パーク〉と続くこの流れ。まったくため息が出そうです。

 

Bill Evans, Jim Hall "Undercurrent"
(United Artists UAJ-14003/UAJS-15003)

Bill Evans (piano)
Jim Hall (guitar)

Produced by Alan Douglas
Recorded by Bill Schwartan
Recorded at Sound Makers, NYC; April 24 (#2), May 14 (#1, 3, 4-6), 1962

[Tracks]
01. My Funny Valentine Richard Rodgers (music) / Lorenz Hart (lyrics)
02. I Hear A Rhapsody George Fragos, Jack Baker, Dick Gasparre (music and lyrics)
03. Dream Gypsy Judith Veevers (music)
04. Romain Jim Hall (music)
05. Skating In Central Park John Lewis (music)
06. Darn That Dream Jimmy Van Heusen (music) / Eddie DeLange (lyrics)

[Links: Bill Evans]
The BILL EVANS Webpages
Bill Evans's Discography
Bill Evans Discography Project (@ Jazz Discography Project)
[Links: Jim Hall]
Jim Hall: The Official Website
Jim Hall Maniacs (by 益満妙:エキマンタエ)
ジム・ホール:アルバム蒐集 (by kawagu)

最後にポチッとよろしく。 人気ブログランキング
posted by ユキヒロ at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | United Artists (Solid State) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

アート・ファーマー『モダン・アート』

modernart.jpg Art Farmer - Modern Art

ベニー・ゴルソンが支えたもう一人のトランぺッター、ジャズテットの盟友アート・ファーマー。ユナイテッド・アーティスツ盤『モダン・アート』は、ジャズテット結成の1年半前に、ファーマー&ゴルソンがコンビを組んだアルバムです(1958年9月10日、11日、14日録音)。

エヴァンス参加が云々されるアルバムですが、ブレイク前の彼は、バップの影響を感じさせるにもかかわらず、実にノリが悪い。まあ、はっきりいってヘタくそです(笑)。肩肘張って、無理に乗ろうとしていますが、くつろぎもなにもあったものじゃない。それは同時期のパウエル派のピアニストと比べれば一発でわかります。

エヴァンスにファンキー・ジャズは似合いません。というか、できるわけがない。彼が 2nd アルバム『エヴリバディ・ディグズ・ビル・エヴァンス』で、リリカル路線に活路を見出すのは、数か月後のことです。

このアルバムでのエヴァンスの違和感を実感したければ、数年後にエヴァンスがホーンがらみで録音した2作、キャノンボールの『ノウ・ホワット・アイ・ミーン』や、フレディ・ハバードを迎えた『インタープレイ』なんかを聞いてみてください。まったく別人です。というか、こっちのエヴァンスこそ、私たちがイメージするエヴァンスその人です。これを聞いた後に、もう一度『モダン・アート』のエヴァンスを注意深く聞けば、私の言いたいことはわかってもらえると思います。

と、けなしてばかりいますが、このアルバム、私は嫌いじゃありません(もう遅いって?)。ジャズテットでも取り上げられた、ファーマー作の〈モック・ニックス〉が目を引きますが、実は、お楽しみはその次に隠されています。ゴルソン作〈フェア・ウェザー〉。

テーマ部分のファーマー&ゴルソンを聞いてください。ゴルソンの何がすごいって、メロディーに対する音のかぶせ方が絶妙なんです。ファーマーがやわらかい音色で基本ラインを奏でる。そこにゴルソンが音を重ねていくのですが、その音の選び方が実にうまい。脱帽です。

世にいうゴルソン・ハーモニーというのは、音の組み合わせに関するゴルソンの研ぎすまされた感覚によって生み出されることが実感できる演奏です。

 

Art Farmer "Modern Art"
(United Artists UA 4007 / UAS 5007)

Art Farmer (trumpet)
Benny Golson (tenor sax)
Bill Evans (piano)
Addison Farmer (bass)
Dave Bailey (drums)

Produced by Jack Lewis
Recorded by Tommy Nola
Recorded at Nola's Penthouse, NYC; September 10, 11, 14, 1958

[Tracks] Art Farmer - Modern Art
01. Mox Nix (music: Art Farmer)
02. Fair Weather (music: Benny Golson)
03. Darn That Dream (music: Jimmy Van Heusen / words: Eddie DeLange)
04. The Touch Of Your Lips (music+words: Ray Noble)
05. Jubilation (music: Junior Mance)
06. Like Someone In Love (music: Jimmy Van Heusen / words: Johnny Burke)
07. I Love You (music+words: Cole Porter)
08. Cold Breeze (music: Wade Legge)

[Links: Benny Golson]
Benny Golson's Official Website
The Jazztet (& More): A History and Annotated Discography (by Michael Fitzgerald)
[Links: Bill Evans]
The Bill Evans Webpages
Bill Evans' Discography (@ New York and Jazz)
Bill Evans Discography Project (@ Jazz Discography Project)

最後にポチッとよろしく。 人気ブログランキング
posted by ユキヒロ at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | United Artists (Solid State) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ『スリー・ブラインド・マイス』

threeblindmice.jpg Art Blakey - Three Blind Mice,  Vol. 1

重厚でモダンなアンサンブルで時代を駆け抜けた3管メッセンジャーズが、ハリウッドのルネッサンスで残したライヴ盤、『スリー・ブラインド・マイス』です(1962年3月18日録音)。

3管を巧みに生かした分厚いサウンド、先が読めないスリリングな展開、隠れた名作曲家シダー・ウォルトンのモーダルな曲とアレンジ、どれをとっても、新時代の息吹が感じられるこの作品のタイトルは、英語圏の子供たちにはおなじみの童謡、マザー・グースの「Three Blind Mice(三匹のめくらのネズミ)」からとられています。

4曲目〈プレクサス〉。「網目状」といった意味ですが、これ、どこかで聞いたことはありませんか? そうです、昨日アップした『モザイク』のタイトル曲とよく似ているんです。作曲はどちらもシダー・ウォルトン。初出は、JM 参加前のフレディー・ハバードの姿をとらえた『ハブ・キャップ』(ウォルトンも参加)ですが、これは、おそらく名曲〈モザイク〉の原型となったものでしょう。そういえば、「寄せ木細工」「モザイク模様」というタイトルも、「網目状」の〈プレクサス〉とよく似ています。

フレディ・ハバードのクリアでよく通るトランペットをフィーチャーした〈ブルー・ムーン〉、名手シダー・ウォルトンを再認識させられる〈ザット・オールド・フィーリング〉、カーティス・フラーの丸みをおびたトロンボーンの低音が心地よい〈ホエン・ライツ・アー・ロウ〉など、聞きどころ満載のアルバムです。

 

Art Blakey & The Jazz Messengers "3 Blind Mice"
(United Artists UAJ 14002)

Freddie Hubbard (trumpet)
Curtis Fuller (trombone)
Wayne Shorter (tenor sax)
Cedar Walton (piano)
Jymie Merritt (bass)
Art Blakey (drums)

Produced by Alan Douglas
Recorded by Wally Heider
Recorded live at the Renaissance, Hollywood, CA; March 18, 1962

[Tracks] Art Blakey - Three Blind Mice,  Vol. 1
01. Three Blind Mice (Curtis Fuller)
02. Blue Moon (music: Richard Rodgers / words: Lorenz Hart)
03. That Old Feeling (music: Sammy Fain / words: Lew Brown)
04. Plexis (aka. Plexus) (music: Cedar Walton)
05. Up Jumped Spring (music: Freddie Hubbard)
06. When Lights Are Low (music: Benny Carter / words: Spencer Williams)

[Links: Freddie Hubbard]
Hub's Disc: Freddie Hubbard Discography
Hub-Tunes: The Freddie Hubbard Discography
[Links: Wayne Shorter]
The Complete Wayne Shorter
ウェイン・ショーターの部屋 (@ T. Pot 氏)
Wayne Shorter Discography Project (@ Jazz Discography Project)
[Links: Art Blakey]
The Official Art Blakey Website
Art Blakey School of Hardbop
Art Blakey Discography Project (@ Jazz Discography Project)

最後にポチッとよろしく。 人気ブログランキング
posted by ユキヒロ at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | United Artists (Solid State) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

『ブッカー・リトル4&マックス・ローチ』

bookerlittle4.jpg Booker Little - Booker Little 4 & Max Roach

メンフィス生まれのブッカー・リトルが同郷のジョージ・コールマンとともにシカゴに渡ったのが1957年(58年?)。彼らはケニー・ドーハムが抜けた後のマックス・ローチのグループに参加します。黄金時代を築いたブラウン=ローチ・クインテットが、クリフォード・ブラウンの急死を受けて解散したのが56年6月。その後任として馳せ参じたのがドーハムでした。

リトルの初吹き込みは、マックス・ローチ+4の『オン・ザ・シカゴ・シーン』です(58年6月録音)。その後、何枚かのローチのアルバムに参加、満を持して発表されたのが、初リーダー作『ブッカー・リトル4&マックス・ローチ』でした。

このアルバム、ユナイテッド・アーティスツ盤の原題は『The Defiant One(挑発、反抗)』といいます。ちょっと青臭いタイトルが微苦笑を誘いますが、リトルはこの当時、まだ20歳の若者です。「一旗あげてやるぞ!」という意気込みが、かえってすがすがしさを感じさせるというものです。

このころのリトルのペットは、まだ例の陰鬱な表情を見せていません。前途洋々の若者らしく、明るく伸びやかなサウンドに、思わず頬もゆるみます。これが60年のタイム盤『ブッカー・リトル』のころになると、〈Life's A Little Blue(人生は少しだけブルー)〉になり、61年(リトルの没年)の『アウト・フロント』や『ブッカー・リトル&フレンド』のころになると、どうしようもないほど暗く、鬱屈したサウンドに様変わりしてしまいます。

この落差はどこからきたのでしょうか。死期を悟るにしては若すぎます。でも、忍び寄る病魔がリトルの作曲に少なからず影響したことは考えられます。そして、世間から認められない焦り、怒り、あきらめ。う〜ん、せっかくリトルの唯一といってもいい「明るい」アルバムの紹介なのに、どうも記述が暗いほう、暗いほうへと流されていきます。リトルのもつ地場が、そうさせるのでしょうか。

ちなみに、1曲目〈マイルストーン〉は2つのヴァージョンがあって、こちらは古いほう。パーカー時代のマイルスの作品です。もう1つのヴァージョンのほうが有名ですね、その名も『マイルストーンズ』に収められています。



"Booker Little 4 & Max Roach"
(United Artists UAL 4034 / UAS 5034)

Booker Little (trumpet)
George Coleman (tenor sax)
Tommy Flanagan (piano)
Art Davis (bass)
Max Roach (drums)

Produced by Tom Wilson
Recorded by Lewis Merrittas
Recorded at Nola Penthouse Sound Studios, NYC; October 1958

[Tracks] Booker Little - Booker Little 4 & Max Roach
01. Milestones (music: Miles Davis)
02. Sweet And Lovely (music: Gus Arnheim, Harry Tobias, Jules Lemare)
03. Rounder's Mood (music: Booker Little)
04. Dungeon Waltz (music: Booker Little)
05. Jewel's Tempo (music: Booker Little)
06. Moonlight Becomes You (music: Gus Arnheim, Harry Tobias, Jules Lemare)

[Links: Booker Little]
Booker Little Discography (by Alan Saul)
Booker Little Discography Project (@ Jazz Discography Project)
Booker Little (@ Nelson's Navigator for Modern Jazz)
[Links: George Coleman]
George Coleman (Official Website)
[Links: Tommy Flanagan]
Tommy Flanagan Discography Project (@ Jazz Discography Project)
[Links: Art Davis]
Dr. Art Davis: Bassist (Official Website)
Art Davis Discography (by Michael Fitzgerald)
[Links: Max Roach]
Max Roach Discography Project (@ Jazz Discography Project)

最後にポチッとよろしく。 人気ブログランキング
posted by ユキヒロ at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | United Artists (Solid State) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

『ダウン・ホーム・リユニオン』

downhomereunion.jpg

以前、雑誌かなにかでフィニアス・ニューボーン Jr. の記事を読んで、彼がメンフィス育ち(生まれは同じテネシー州のホワイトヴィル)だと知ったとき、私の心は粟立ちました。メンフィスといえば、ブッカー・リトルの生まれ故郷。ひょっとしたらこの2人、どこかで共演しているんじゃないか。そう思ったわけです。で、いろいろ調べてみました。そしたら、あるじゃないですか、『ダウン・ホーム・リユニオン』というメンフィス出身の若手(当時)を集めたアルバムが。

たしか、最初にその存在に気づいたのは、Nelson's Navigator for Modern Jazz においてだったと思います。Nelson さんの手になるこのサイト、非常に奥が深いです。とくにコラム関係の充実度はほかの追随を許しません。年輪を重ねた Nelson さんの言葉に、うなずくことしきりです。

さて、共演盤の存在はわかったものの、それが手に入らない時期が長く続きます。私はアナログ・プレーヤーをもっていないので、コレクションの対象は CD に限られますが、なにしろ CD 化された形跡がないのです。これでは手も足も出ません。

そう思っていたら、実は手ぐらいは出ていたんです。ブルーノート盤『ブッカー・リトル4&マックス・ローチ』という輸入盤 CD があります(原盤はユナイテッド・アーティスツ)。ここに、『ダウン・ホーム〜』からの2曲がオマケで入っています。ただ、クレジットがなにもなかったので、もっていたのに気づかなかったんですね。それに気づかせてくれたのは、Alan Saul さんによるBooker Little Discography のなかの記述でした。

これで晴れて2曲は聴くことができたものの、やっぱりそれだけじゃ満足できないわけです。う〜ん、どこかで再発しないかな。UA 原盤ということは、日本の発売元は東芝 EMI だから、いつか出してくれるんじゃないかな。なんて思っていたら、出たんですね、ホントに(発売は2002年11月)。すぐさま買いに走りましたよ(笑)。

というわけで、ようやく手に入れた念願の CD がこれです。思い入れがたっぷりある盤なので、冷静な批評はできません。もっとも、いつも個人的な印象だけでレビューを書いているので、今にはじまったことではないのですが(笑)。

参加メンバーはいずれもメンフィス出身で、当時売り出し中の若者(全員20代)ばかりです。ペットは2人、ブッカー・リトルとその従兄弟のルイ・スミス、アルトのフランク・ストロジャー、テナーのジョージ・コールマン、フィニアスとカルヴィンのニューボーン兄弟といったメンバーが、久しぶりの再会を祝して、生きのいいサウンドを聴かせてくれます。

メンフィスの若者はミシシッピ川を北上してシカゴを目指すのがお決まりのパターンのようで、ストロージャーはシカゴのバンド MJT+3 のメンバーとなり(54年)、リトルとコールマンはシカゴ経由でマックス・ローチのバンドに参加しています(58年から)。ルイ・スミスも57年にシカゴの新興レーベル、トランジションを興したプロデューサーのトム・ウィルソンのもとで録音を残しています。メンフィス発、シカゴ経由、ニューヨーク行きの超特急。みなさんも乗ってみませんか?



"Down Home Reunion: Young Men From Memphis"
(United Artists UAL 4029 / UAS 5029)

Louis Smith (trumpet)
Booker Little (trumpet)
Frank Strozier (alto sax)
George Coleman (tenor sax)
Phineas Newborn, Jr. (piano)
Calvin Newborn (guitar)
George Joyner (bass)
Charles Crosby (drums)

Produced by Tom Wilson
Recorded by Lewis Merritt
Recoreded at Olmsted Studios, 1958 or early 1959

[Tracks]
01. Things Ain't What They Used To Be (music: Mercer Ellington / words: Ted Persons)
02. Blue'n Boogie (music: Dizzy Gillespie, Frank Paparelli)
03. After Hours (music: Avery Parish / words: Robert Bruce, Buddy Fayne)
04. Star Eyes (music: Gene DePaul / words: Don Raye)

[Links: Booker Little]
Booker Little (@ Nelson's Navigator for Modern Jazz)
Booker Little Discography (by Alan Saul)
Booker Little Discography Project (@ Jazz Discography Project)
[Links: Phineas Newvborn, Jr.]
Phineas Newborn Jr. Discography Project (@ Jazz Discography Project)
[Links: Calvin Newborn]
"Flying" Calvin Newborn
[Links: Frank Strozier]
The Frank Strozier Discography (by Noal Cohen)

最後にポチッとよろしく。 人気ブログランキング
posted by ユキヒロ at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | United Artists (Solid State) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

ズート・シムズ&アル・コーン『ハーフノートの夜』

jazzalive.jpg 

スタン・ゲッツはウディ・ハーマンのセカンド・ハード時代(1947年〜)に名を挙げましたが、フォー・ブラザーズと呼ばれた花形サックス・セクションには、ゲッツのほかに、同じくテナーのズート・シムズとハービー・スチュワード(途中脱退。代わりにアル・コーンが加入した)、そしてバリトンのサージ・チャロフがいました。4人のアンサンブルにスポットを当てた、その名も「フォー・ブラザーズ」という有名なナンバーは、同楽団の作編曲家で、自身もテナー、バリトン、クラリネットを操るジミー・ジュフリーの作品です。

ハーマン楽団出身のズート・シムズとアル・コーンが、お互いに引き寄せられるように2テナー・チーム「アル&ズート」を結成したのが1957年。以来、2人は数々の愛すべき作品をものにします。

スインギーなテナー奏者の代表格、ズート・シムズ。本名は、John Haley Sims。1925年10月29日、カリフォルニア州イングルウッド生まれ。1985年3月23日、ニューヨーク州ニューヨークで死去。

作編曲家としてもすぐれた手腕を発揮したアル・コーン。1925年3月14日、ニューヨーク州ブルックリン生まれ。1988年2月15日、ペンシルヴァニア州ストラウズバーグで死去。

2テナーといえば、お互いに持てる技を競いあう「バトル」のイメージが強いですが、この2人には、そういう「対決」的な要素はありません。というのも、ズートとアルはよく似ています。双子じゃないかと思うくらいです。だから、個性をぶつけ火花を散らすというよりも、気のあう仲間が集まり心ゆくまで演奏を楽しむといったほうが近い。「和気あいあい」や「アットホーム」という言葉が、これほどふさわしいバンドはほかに思いつきません。

このアルバムは、彼らが根城にしていたニューヨークはハーフノートにおけるライブ盤です。邦題は『ハーフ・ノートの夜』。

2人の相性の良さは、冒頭の〈恋人よ我に帰れ〉を聞けば、一発でわかります。こんなにご機嫌な演奏は、そうそうあるものではありません。小難しいこと一切なし。サイコーにハッピーで、ノリノリの2人のかけあいに身を委ねれば、思わず頬もゆるみます。イエ〜イ!

「こんなところにこの人が」的な発見がおもしろいピアノのモーズ・アリソン(!)とドラムスのポール・モチアン(59年といえば、エヴァンス・トリオ加入直前ですね)。また、3、4曲目にはフィル・ウッズが客演しています。

 

Zoot Sims, Al Cohn "Jazz Alive! A Night At The Half Note"
(United Artisits UAS-5040)

Zoot Sims (tenor sax)
Al Cohn (tenor sax)
Mose Allison (piano)
Nabil Totah (bass)
Paul Motian (drums)
Phil Woods (alto sax) #3, 4

Produced by Jack Lewis
Recorded by Dick Olmsted
Recorded live at the Half Note, NYC; February 6, 7, 1959

[Tracks] 
01. Lover Come Back To Me (music: Sigmund Romberg / words: Oscar Hammerstein II)
02. It Had To Be You (music: Isham Jones / words: Gus Kahn)
03. Wee Dot (music: J.J. Johnson, L. Parker)
04. After You've Gone (music: Turner Layton / words: Henry Creamer)

[Links: Zoot Sims]
ZootSims.net (by くおーく)
Zoot Sims Discography Project (@ Jazz Discography Project)
[Links: Phil Woods]
The Official Phil Woods Website
[Links: Mose Allison]
Mose Allison: Official Webiste
The Mose Allison Webiste
[Links: Paul Motian]
Paul Motian (@ ジャズCDの個人ページ by K. Kudo)

最後にポチッとよろしく。 人気ブログランキング
posted by ユキヒロ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(1) | United Artists (Solid State) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。