2005年01月21日

エラ・フィッツジェラルド&ジョー・パス『エラ&パス…アゲイン』

fitzgeraldandpassagain.jpg

エラ・フィッツジェラルドとジョー・パスの傑作デュオの第2弾『エラ&パス…アゲイン』。前作『テイク・ラヴ・イージー』以来、3年ぶりの再会セッションです。今回はエラの喉の調子がよほどよかったのか、よく通った張りのある歌声で、エリントン・ナンバーを中心に、よく知られたスタンダードをじっくり聞かせてくれます。

私はデュオやトリオなど、小編成のバンドをバックに歌ったヴォーカル作品に目がないのですが、それは大学時代によく通ったお店を大人になってからひさしぶりに訪ねたようななつかしさを感じるからかもしれません。ドアを開けた瞬間、あの当時にタイムスリップしたような錯覚に陥る、あのなんともいえない心地よさ。心の底からくつろげるインティメイトな雰囲気。いいねえ。

ちなみに、この『エラ&パス…アゲイン』は、1976年のグラミー賞(Best Jazz Vocal Performance)に輝いています。「ファースト・レディ」エラにとっても、実に14年ぶりの受賞でした。

 

Ella Fitzgerald, Joe Pass "Fitzgerald & Pass ... Again"
(Pablo 2310-772)

Ella Fitzgerald (vocal)
Joe Pass (guitar)

Produced by Norman Granz
Recorded at RCA Studios, LA; January 29, 30, February 8, 1976

[Tracks]
01. I Ain't Got Nothin' But The Blues (music: Duke Ellington / words: Don George)
02. 'Tis Autumn (music+words: Henry Nemo)
03. My Old Flame (music: Arthur Johnston / words: Sam Coslow)
04. That Old Feeling (music: Sammy Fain / words: Lew Brown)
04. Rain (music+words: Eugene Ford)
05. I Didn't Know About You (music: Duke Ellington / words: Bob Russell)
06. You Took Advantage Of Me (music: Richard Rodgers / words: Lorenz Hart)
07. I've Got The World On A String (music: Harold Arlen / words: Ted Koehler)
08. All Too Soon (music: Duke Ellington / words: Carl Sigman)
09. The One I Love Belongs To Somebody Else (music: Isham Jones / words: Gus Kahn)
10. Solitude (music: Duke Ellington / words: Eddie DeLange, Irving Mills)
11. Nature Boy (music+words: Eden Ahbez)
12. Tennessee Waltz (music: Redd Stewart, Pee Wee King)
13. One Note Samba (music: Antonio Carlos Jobim / words: Neuton Mendonca)

[Links: Ella Fitzgerald]
Ella Fitzgerald (Official Website)
Ella Fitzgerald Fan Page
[Links: Joe Pass]
Joe Pass Memorial Hall (by Tabo Oishi)

最後にポチッとよろしく。 人気ブログランキング
posted by ユキヒロ at 13:18| Comment(1) | TrackBack(0) | Pablo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月20日

エラ・フィッツジェラルド&ジョー・パス『テイク・ラヴ・イージー』

takeloveeasy.jpg

エラ・フィッツジェラルドといえば、エラ、サラ、カーメンという女性ジャズヴォーカル界の御三家(古いね)の筆頭格で、本国アメリカでも「ファースト・レディ・オブ・ソング」と呼ばれていました。どんなに速いテンポでもラクラクと歌いこなすテクニックと圧倒的な声量、そしてでっぷりと貫禄のある体格(失礼!)で有名ですが、それは若い頃の話。

テイク・ラヴ・イージー』の録音の当時(50代後半)のエラはすっかりやせ細り、別人かと見まごうばかり。脂の乗った肉もおいしいけれど、年齢を積み重ねれば、余分な脂を落としたさっぱりとした肉が好きになるように、やせて声量は失われても、歌のエッセンスだけを取り出して、ひっそりとささやくように歌うエラの姿が、しみじみとした感動を呼び起こします。

もちろん、こんなアルバムに豪華なバックはいりません。ギター1本あれば十分です。そのギターをつま弾くのは、ヴァーヴ→パブロの名プロデューサー、ノーマン・グランツが生み出した最後のビッグスター、ジョー・パスです。「バーチュオーゾ」として売り出し中のパスを、円熟の極みに達したエラと組ませたグランツの眼力に拍手! 

黄昏時に聴きたい、大人のくつろぎの音楽です。『テイク・ラヴ・イージー』、おすすめです。

 

Ella Fitzgerald, Joe Pass "Take Love Easy"
(Pablo 2310-702)

Ella Fitzgerald (vocal)
Joe Pass (guitar)

Produced by Norman Granz
Recorded in LA; August 28, 1973

[Tracks]
01. Take Love Easy (music: Duke Ellington / words: John LaTouche)
02. Once I Loved (music: Antonio Carlos Jobim / words: Vinicius DeMoraes, Ray Gilbert)
03. Don't Be That Way (music: Edgar Sampson, Benny Goodman / words: Mitchell Parish)
04. You're Blase (music: Ord Hamilton / words: Bruce Siever)
05. Lush Life (music+words: Billy Strayhorn)
06. A Foggy Day (music: George Gershwin / words: Ira Gershwin)
07. Gee Baby, Ain't I Good To You (music: Don Redman / words: Andy Razaf)
08. You Go To My Head (music: J. Fred Coots / words: Heven Gillespie)
09. I Want To Talk About You (music+words: Billy Eckstine)

[Links: Ella Fitzgerald]
Ella Fitzgerald (Official Website)
Ella Fitzgerald Fan Page
[Links: Joe Pass]
Joe Pass Memorial Hall (by Tabo Oishi)

最後にポチッとよろしく。 人気ブログランキング
posted by ユキヒロ at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Pablo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。