2005年06月17日

ジーン・アモンズ&ソニー・スティット『ボス・テナーズ・イン・オービット』

bosstenorsinorbit.jpg Gene Ammons & Sonny Stitt - Boss Tenors In Orbit

前回投稿したアモンズ評を読んで、勘のいい方なら「これってデクスター・ゴードンとおんなじ表現じゃん!」とお気づきになったかもしれません。「男性的」「雄大な」「スケールの大きな」「泰然自若」といった形容詞は、たしかにアモンズにもデックスにも通用します。でも、この2人には決定的な違いがある。それが「泥臭さ」です。

ブルースの本場シカゴは、黒人が多い街としても知られています(黒人39%、白人37%、ヒスパニック系20%)。シカゴ生まれのアモンズのテナーは、だから土の匂いがします。そして、野太い。一歩間違えると野暮ったい田舎の音になりそうなのに、そうならないのは、彼の懐の深さのなせる業です。アモンズの吹くバラードは、デカくて力のある男ならではのゆとりを感じさせます。

対するデックスはLA生まれ。メキシコに近いこともあって、ヒスパニック系が全体の半数近くを占めています(ヒスパニック系47%、白人30%、黒人11%、アジア系10%)。西海岸の陽気は南国そのもの。ここでは何事もおおらかに進みます。デックスの飄々とした性格とゆったりとした(=急かない)テナーは、彼の生まれた土地とも関係しているに違いありません。

アモンズの泥臭さは、アモンズのテナーがアーシーなオルガンと親和性が高いことでもわかります。デックスとオルガンも合わないことはないかもしれませんが、アモンズのほうがしっくりします。

ボス・テナーズ・イン・オービット』(「in orbit」の直訳は「軌道に乗った」「軌道上の」。2人のかけあいの滑らかさを評したものだとすれば、「丁々発止のボス・テナーズ」といった感じでしょうか)にもオルガン奏者ドン・パターソンが参加していますが、アモンズ&スティットのチームは、ソウルジャズの大御所ブラザー・ジャック・マクダフとその名も『ソウル・サミット』というおそろしげなアルバムも残しています。筋金入りの泥臭さです。

〈ロング・タイム・アゴー・アンド・ファー・アウェイ〉の出だしから、オルガン特有のアーシーな響きが充満します。遅れて登場するアモンズのテナーが輪をかけて男臭い。スティットのテナーが軽く聴こえてしまうほどです。やっぱり、ボスはいちばんおいしいツボを心得ているんです。

4曲目の〈ジョン・ブラウンズ・ボディ〉。どこかで聞いたことがあるメロディーだと思ったら、「ま〜るい緑の山手線、真ん中通るは中央線、新宿西口駅の前、カメラはヨ○ドバシカメラ」の元ネタでした(笑)。ちなみに、このトラッド・ソングはオスカー・ピーターソンとミルト・ジャクソンの共演盤『ヴェリー・トール』でも演奏されていました。

 

Gene Ammons, Sonny Stitt "Boss Tenors In Orbit"
(Verve V/V6-8468)

Gene Ammons (tenor sax)
Sonny Stitt (tenor sax) #1, 3-5 (alto sax) #2
Don Patterson (organ)
Paul Weeden (guitar)
Billy James (drums)

Produced by Creed Taylor
Recorded by Rudy Van Gelder
Recorded at Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ; February 18, 1962

[Tracks] Gene Ammons & Sonny Stitt - Boss Tenors In Orbit
01. Long Ago And Far Away (music: Jerome Kern / words: Ira Gershwin)
02. Walkin' (music: Richard Carpenter)
03. Why Was I Born (music: Jerome Kern / words: Oscar Hammerstein II)
04. John Brown's Body (traditional)
05. Bye Bye Blackbird (music: Ray Henderson / words: Mort Dixon)

[Links: Gene Ammons]
Gene Ammons Discography Project (@ Jazz Discography Project)
[Links: Paul Weeden]
The Paul Weeden Discography (by Carl-Bernhard Kjelstrup, Jr.)

最後にポチッとよろしく。 人気ブログランキング


posted by ユキヒロ at 00:47| Comment(1) | TrackBack(0) | Verve | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『ボス・テナーズ・イン・オービット』このCDのタイトルのことを調べていて、ここの頁にたどり着きました。参考になりました。ありがとうございます。
ワタシのブログにこのブログを紹介させていただきました。問題有ればおっしゃって下さい。


ジーン・アモンズかっこ良いですよね。
Posted by 三宅健司 at 2010年08月31日 02:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。