2005年10月25日

アート・ファーマー『アート』

art.jpg

トランペットのワン・ホーン・カルテット、まだまだ続きます。今回は、かすれ気味の丸みをおびたサウンドが耳に心地よいアート・ファーマーの代表作『アート』といきましょう。本名は、アーサー・スチュワート・ファーマー。1928年8月21日、アイオワ州カウンシル・グラフ生まれ。1999年10月4日、ニューヨーク州ニューヨークで亡くなりました。

ファーマーというと、すぐにあのゴツゴツした顔が浮かびますが、いかつい容貌とは裏腹に、彼の出す音は実にやさしい。トランペット特有の耳をつんざくようなアタック感ではなく、疲れた心にスーッとしみこむような、ほのかなあたたかさを感じます。彼はこの録音の直後あたりからフリューゲル・ホーンを手にしますが、これは大正解。音に丸みが出て、ファーマー流「癒しのサウンド」が完成します。

私の大好きなケイコ・リーの『ビューティフル・ラヴ』には、晩年のファーマーが参加しています。ここで聞かれる彼のトランペットは、まさに至芸です。ホント、涙があふれます。

この作品は1960年9月の録音ですが、この時期、ファーマーはベニー・ゴルソンとともに「ジャズテット」を率いていました。この作品にも、ジャズテットからベースとドラムが参加しています。

60年2月録音の彼らのデビュー盤『ミート・ザ・ジャズテット』のメンバーは、カーティス・フラー (tb)、マッコイ・タイナー (p)、アディソン・ファーマー (b)、レックス・ハンフリーズ (ds) でしたが、ファーマー&ゴルソン以外はすぐにメンバー交代があったようで、トム・マッキントッシュ (tb)、シダー・ウォルトン (p)、トミー・ウィリアムス (b)、アルバート・ヒース (ds) が固定メンバーでした。

気心の知れたジャズテットのベース&ドラムにこの手のワン・ホーン作品にはうってつけのトミフラを招いて、リラックスしてのぞんだバラード・セッション。悪かろうはずがありません。

お気に入りのトラックは、2曲目の〈グッバイ・オールド・ガール〉。1958年の映画『くたばれ! ヤンキース』(原題は Damn Yankees!)の主題歌だそうですが、ほかの人がとりあげているのを聞いたことがありません。いい曲なのにねえ。

それと、ジャズテットの同僚ゴルソン作の〈アウト・オブ・ザ・パスト〉。こちらは、ゴルソンも参加したジャズ・メッセンジャーズの傑作ライヴ『サンジェルマンのジャズ・メッセンジャーズ』でも演奏されていました。でも、この曲に関しては、ファーマーに軍配が上がります。「このタイトルからは1枚の写真が連想される。ほろ苦い写真だね」とはファーマーの弁です。こういう情感を演奏に封じ込めるのが、ファーマーなんです。あなたのほろ苦い思い出はなんですか?

 

Art Farmer "Art"
(Argo 678)

Art Farmer (trumpet)
Tommy Flanagan (piano)
Tommy Williams (bass)
Albert "Tootie" Heath (drums)

Produced by Kay Norton
Supervision by Jack Tracy
Recorded by Tommy Nola
Recorded at Nola Penthouse Studios, NY; September 21-23, 1960

[Tracks]
01. So Beats My Heart For You (music: Pat Ballard, Charles Henderson, Tom Waring)
02. Goodbye, Old Girl (music: Richard Adler, Jerry Ross)
03. Who Cares (music: George Gershwin / words: Ira Gershwin)
04. Out Of The Past (music: Benny Golson)
05. Younger Than Springtime (music: Richard Rodgers / words: Oscar Hammerstein II)
06. The Best Thing For You Is Me (music+words: Irving Berlin)
07. I'm A Fool To Want You (music: Frank Sinatra, Joel Herron, Jack Wolf)
08. That Old Devil Called Love (music: Allan Roberts, Doris Fisher)

[Links: Tommy Flanagan]
Tommy Flanagan: Biography & Discography (@ Jazz Standard Page)
Tommy Flanagan Discography Project (@ Jazz Discography Project)

最後にポチッとよろしく。 人気ブログランキング
posted by ユキヒロ at 10:04| Comment(1) | TrackBack(0) | Argo/Cadet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
air max女鞋
Posted by air max女鞋 at 2016年04月08日 00:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8527189

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。