2007年12月05日

ローランド・カーク『ウィ・フリー・キングス』

wefreekings.jpg Roland Kirk Quartet - We Free Kings

ケニー・ドーハムがこの世を去ってから5年後の1977年12月5日の正午、ラサーンことローランド・カークは遠征先のインディアナ州ブルーミントンで倒れ、そのまま帰らぬ人となりました(享年41歳)。今日は、彼の没後30周年の記念日です。

さかのぼること2年前、脳卒中に襲われたラサーンは、その影響で右半身が麻痺して片手がまったく使えない状態に陥ります。しかし、そんなことでへこたれるラサーンではありません。リハビリを重ね、楽器をカスタマイズして、片手だけで〈ジャイアント・ステップス〉を吹きこなすまでに回復したのです。
ラサーンのトレードマークだった3管同時吹奏はこのとき、彼に光をもたらしました。3つの楽器を同時に操るために、ラサーンはもともと、ほとんどの楽器を片手だけで演奏できるようになっていました。
さらに、目が見えないハンディをハンディととらえず、障害者に見られることを極度に嫌ったラサーンにとって、半身麻痺はぜがひでも乗り越えなければならない対象でした。これまで以上に困難な状況が彼の闘争本能に火をつけ、不屈の闘志でそれを乗り越える。

復活したラサーンを、人々は尊敬と畏怖の念をもって迎えます。もはや彼は生ける伝説。奇跡を目の当たりにした人たちは、そのスピリチュアルな体験を一生の宝物として記憶のなかに刻み込みます。

亡くなる前夜、ラサーンはインディアナ大学の学生たちを前に、最後の公演を行っています。演奏の合間、彼はいつものように聴衆に語りかけ、そのなかでこんなことをいったそうです(ジョン・クルース著『ローランド・カーク伝』より。訳は林建紀さん)。

「12時に誰かが逝かなければならないが、取って代わるために他の誰かが生まれてくる」
「私たちの中には12時に逝かなければならない者もいれば、生き続けなければならない者もいる」

どちらも聞き書きなので正確な文言はわかりませんが、その言葉どおり、ラサーンが翌日の12時に亡くなったことを思うとき、彼のもつ異様なパワーが理屈をこえた世界を一瞬だけ垣間見させてくれたのではないか、そんなことを思います。

今日の推薦盤『ウィ・フリー・キングス』は、ラサーンがまだ若かりし頃の作品で、彼の名を一躍有名にした傑作です。
知らない人のために念のために言っておくと、リズムセクション以外の楽器はすべてラサーンが「ひとりで」「同時に」吹いています。メンバーに記載漏れがあるわけではなく、多重録音で後から音をかぶせたわけでもありません。ひとつの演奏でいろいろな楽器が登場しますが、それもすべて一人でこなしています。音が重なって聴こえるのは、同時に吹いているからです。
彼の異様さ、おかしさ、そして天才ぶりを言葉で伝えるのはむずかしい。ぜひ自分の耳で確かめてください。

ちなみに、表題曲〈We Free Kings〉はクリスマス・キャロル〈We Three Kings of Orient Are(邦題:われらはきたりぬ)〉のもじりです。原曲のMIDI音源と聴き比べてみるもの一興かと。

 

Roland Kirk "We Free Kings"
(Mercury MG 20679 / SR 60679)

Roland Kirk (tenor sax, stritch, manzello, flute, siren)
Hank Jones (piano) #1, 2, 6, 7, 8
Richard Wyands (piano) #3, 4, 5, 9
Wendell Marshall (bass) #1, 2, 6, 7, 8
Art Davis (bass) #3, 4, 5, 9
Charlie Persip (drums)

Produced by Jack Tracy
Recorded by Tommy Nola
Recorded at Nola Penthouse Studios, NYC; August 16 (#3, 4, 5, 9), 17 (#1, 2, 6, 7, 8), 1961

[Tracks] Roland Kirk Quartet - We Free Kings
01. Three For The Festival Roland Kirk (music) Roland Kirk Quartet - We Free Kings - Three for the Festival
02. Moon Song Arthur Johnston (music) / Sam Coslow (lyrics) Roland Kirk Quartet - We Free Kings - Moon Song
03. A Sack Full Of Soul Roland Kirk (music) Roland Kirk Quartet - We Free Kings - A Sack Full of Soul
04. The Haunted Melody Roland Kirk (music) Roland Kirk Quartet - We Free Kings - The Haunted Melody
05. Blues For Alice Charlie Parker (music) Roland Kirk Quartet - We Free Kings - Blues for Alice
06. We Free Kings Roland Kirk (music) Roland Kirk Quartet - We Free Kings - We Free Kings
07. You Did It, You Did It Roland Kirk (music) Roland Kirk Quartet - We Free Kings - You Did It, You Did It
08. Some Kind Of Love Roland Kirk (music) Roland Kirk Quartet - We Free Kings - Some Kind of Love
09. My Delight Roland Kirk (music) Roland Kirk Quartet - We Free Kings - My Delight

[Links: Roland Kirk]
Periodicals > 林建紀 (『ローランド・カーク伝』訳者のラサーン研究@read NKYM!)
Nagata's Jazz Page (by 永田昌俊)
the Rahsaan Roland Kirk website
Roland Kirk Discography Project (@ Jazz Discography Project)
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic
[Links: Hank Jones]
The Official Website of Hank Jones
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic
[Links: Richard Wyands]
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic
[Links: Wendell Marshall]
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic
[Links: Art Davis]
Dr. Art Davis, Bassist (Official Website)
Art Davis Discography (by Michael Fitzgerald)
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic
[Links: Charlie Persip]
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic

最後にポチッとよろしく。 人気ブログランキング


posted by ユキヒロ at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Mercury (EmArcy, Limelight) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。