2007年12月27日

マイルス・デイヴィス『キリマンジャロの娘』

fillesdekilimanjaro.jpg

マイルス・デイヴィスのもとに去来したピアニストの特集、ハービー・ハンコックのところで終わっていましたが、久しぶりに続きを(待ってくれていた人、ごめんなさい)。

話は1968年の夏に戻ります。
マイルス・イン・ザ・スカイ』(記事はこちら)以来、電化路線で試行錯誤を重ねていたマイルスは、早くも6月にはハービーにエレクトリック・ピアノを、ロン・カーターにエレクトリック・ベースをもたせて、『キリマンジャロの娘』の制作に取りかかります。
ところが、エレクトリック・ベースに馴染めなかったロン・カーターが6月にグループを脱退。後任は一時ミロスラフ・ヴィトウスがつとめたようですが、すぐに本命デイヴ・ホランドをロンドンから呼び寄せます(6月にイギリスへツアーに出たマイルスが現地でホランドに遭遇した。この話は『お城のエヴァンス』のこの記事で紹介しました)。
ハービーは8月31日、恋人ジジと結婚して新婚旅行でブラジルへ。ところが現地で食中毒になって、帰るに帰れない。マイルスには事情を説明したようですが、マイルスはハネムーンを延期するための仮病だと受け止めた。そこで、代役としてチック・コリアをスタジオに呼びます。そして、チックがそのままレギュラー・キーボードの座におさまるのです。

ここにきて、ついにマイルスの60年代黄金のクインテットは終焉を迎えます(トニーが去るのはこの年の12月、ウェインは1969年末までグループに残りました)。
でも、しょうがないんですね。どんなにすぐれたグループでも永遠には続かない。とくに前身に前身を重ねたマイルスにとって、この面子でできることはすべてやり遂げたという思いがあったはずです。だからこそのメンバー変更なのですが、実際、このアルバムで「新しさ」を感じさせるのは、ハービー&ロンがいた6月のセッションではなく、チック&デイヴの9月のセッションのほうなんです。

ジャケットの女性は、当時マイルスがつきあっていた歌手ベティ・メイブリー。5曲目の〈マドモワゼル・メイブリー〉は彼女に捧げられた曲です。
ベティはこの年の9月にマイルスと結婚(マイルス42歳、ベティ23歳のとき。年の差なんと19歳。ただし1年で離婚しました)、ベティ・デイヴィスとして何枚かのアルバムを残しています。

 

Miles Davis "Filles De Kilimanjaro"
(Columbia CS 9750)

Miles Davis (trumpet)
Wayne Shorter (tenor sax)
Herbie Hancock (electric piano) #2-4
Chick Corea (electric piano) #1, 5
Ron Carter (electric bass) #2-4
Dave Holland (bass) #1, 5
Tony Williams (drums)

Produced by Teo Macero
Recorded by Frank Laico, Arthur Kendy
Recorded at Columbia 30th Street Studio, NYC; June 19 (#3), 20 (#2), 21 (#4), September 24 (#1, 5), 1968

[Tracks]
01. Frelon Brun (Brown Hornet) Miles Davis (music)
02. Tout De Suite Miles Davis (music)
03. Petits Machins (Little Stuff) Miles Davis (music)
04. Filles De Kilimanjaro (Girls Of Kilimanjaro) Miles Davis (music)
05. Mademoiselle Mabry (Miss Mabry) Miles Davis (music)

[Links: Miles Davis]
Miles Davis (Official Website)
Miles Ahead: A Miles Davis Website (by Peter Losin)
Miles Davis: Missing Links (by Thomas Westphal)
Miles Davis Discography Project (@ Jazz Discography Project)
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic
[Links: Wayne Shorter]
ウェイン・ショーターの部屋 (by Y. Yamada)
Dr. Morf's Wayne Shorter Page
Wayne Shorter Discography Project (@ Jazz Discography Project)
The Complete Wayne Shorter Discography
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic
[Links: Herbie Hancock]
Herbie Hancock (Official Website)
Herbie Hancock Discography (by Christian Genzel)
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic
[Links: Chick Corea]
Chick Corea (Official Website)
Chick Corea Discography Project (@ Jazz Discography Project)
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic
[Links: Ron Carter]
Ron Carter (Official Website)
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic
[Links: Dave Holland]
Dave Holland (Official Website)
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic
[Links: Tony Williams]
Tony Williams Discography (by ANTAIOS)
>> ウィキペディア / Wikipedia / allmusic

最後にポチッとよろしく。 人気ブログランキング


posted by ユキヒロ at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Columbia (Epic) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46498601

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。