2007年05月20日

ハービー・ハンコック『ファット・アルバート・ロウタンダ』

fatalbertrotunda.jpg

ハービーのワーナー移籍第一弾『ファット・アルバート・ロウタンダ』は、自身が手がけた1969年11月放映の TV アニメ・スペシャル『Hey, Hey, Hey, It's Fat Albert』の音楽を、ジャズ風にアレンジし直して吹きこんだアルバムです。番組のなかで一人で何役もの声優をこなしたビル・コズビーが、ワーナー・ブラザーズの重役連中にこの音楽を聴かせたことがきっかけで、ワーナーへの移籍が実現したというのですから、映画音楽も手がけるハービーらしいエピソードです(ちなみに、このスペシャル番組は好評だったようで、のちに『Fat Albert & Cosby Kids』としてシリーズ化されました)。

基本的なメンバーは前作『ザ・プリズナー』と同じセクステットですが、聴こえてくる音楽はまるで違います。それもそのはず、アルバムはどこかなつかしい(笑)ギター・サウンドで幕を開けます。ジャズ・ロックってやつですね。すでに1966年にミケランジェロ・アントニオーニ監督の映画『欲望』(原題:Blow-up)のサントラ盤で大胆にロックを導入したハービーのこと、この手のアルバムの制作は必然だったのかもしれません。

ジャズ・ロックって、パッと聴いた感じは嫌いじゃないんですが、こればっかりだとつらい(笑)。構成は単純だし、ノリも一定だから、はっきりいって飽きちゃうんですよね。それを知ってか知らずか、曲を短めにしたり、途中でホーン・セクションをうまく取り入れたりして、飽きがこないようにつくってあるのは、さすがです。でも、それ以上に成長の跡を感じさせるのは、ハービーのエレピの腕前です。

ハービーは『ザ・プリズナー』でもエレクトリックとアコ―スティックの両方のピアノを使い分けていましたが、必然性はほとんど感じられませんでした。アコースティックと同じ弾き方でとりあえずエレピを弾いてみました、みたいなノリです。でも、ここでのエレピはきれいにはまっています。軽くてビューティフルな音を生かした曲づくりがよくやくサマになってきた。そんな気がします。

マイルスに突然エレピを弾けといわれたときは面食らったかもしれませんが、ハービーは大学で電子工学で専攻していたぐらいですから、電気仕掛けの新種のオモチャに興味がわかないはずがない。実際、彼はわずか1年でエレピを完全にものにします。『マイルス・デイビス自叙伝2』には、ハービーの電気製品マニアぶりを伝えるエピソードが載っています(訳は中山康樹さん)。

ハービーは電気製品が大好きで、ツアーに出ると新しい電気製品を買うのにいつも大忙しだった。すべての演奏を録音したがって、いつも小さなテープ・レコーダーを持ってくるほどだった。そして彼は、ヤクとかそういう理由じゃなかったが、いつも遅刻して、最初の曲の最初のダウンビートから入ってくることが多かった。で、野郎をちょっときつく睨むんだが、なんと彼が最初にやることというのは、ピアノの下に潜って、いい音で録れるようにテープ・レコーダーを調整することだった。調整が終る頃には、オレ達はその曲の四分の三くらいまで行ってるというのに、彼はまだピアノを弾いてすらいない。それが、レコードにもなったオレ達のライブ・レコーディングの初めでピアノの音が聞こえない理由だ。ハービーが遅れるかどうかというのは、いつもバンドのジョークにまでなっていた。

神舘和典さんの『音楽ライターが、書けなかった話』(新潮新書)には、遅刻常習犯ハービーの言い訳(笑)が紹介されています。

ある宗教に入信しているハービーは、ホテルの部屋を出る前にたっぷりとお祈りをしてくるらしい。そのために、いつも約束の時間に間に合わなくなるそうだ。

ここで「ある宗教」とあるのは、創価学会です。「南無妙法蓮華経」のお題目を唱えていると遅刻してしまうんだそうな。ホンマかいな。

ちなみに、ハービーに創価学会をすすめたのは、ベースのバスター・ウィリアムズです。そして、ハービーは親友ウェイン・ショーターを創価学会に招き入れます(ウェインと当時の妻アナ・マリアは、長女イスカの障害に悩んでいました。生後3か月の赤ん坊に義務づけられた破傷風の予防接種でひきつけを起こし、脳に障害が残ってしまったのです。夫婦の苦悩と入信のいきさつは、『フットプリンツ:評伝ウェイン・ショーター』にくわしく載っています)。



Herbie Hancock "Fat Albert Rotunda"
(Warner Bros. WB 1834)

Johnny Coles (trumpet, flugelhorn)
Joe Henderson (alto flute, tenor sax)
Garnet Brown (trombone)
Herbie Hancock (piano, electric piano)
Buster Williams (bass, electric bass) #2-6
Albert "Tootie" Heath (drums) #2-6

on #1, 7
Joe Newman trumpet)
Ernie Royal (trumpet)
Benny Powell (trombone)
Joe Farrell (alto sax, tenor sax)
Arthur Clark (baritone sax)
Ray Alonge (French horn)
Billy Butler (guitar)
Eric Gale (guitar)
Jerry Jermott (electric bass)
Bernard Purdie (drums)
George Devens (percussion)

Produced by Herbie Hancock
Recorded by Rudy Van Gelder
Recorded at the Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ; October 4, 16, November 26, December 8, 1969

[Tracks]
01. Wiggle-Waggle Herbie Hancock (music)
02. Fat Mama Herbie Hancock (music)
03. Tell Me A Bedtime Story Herbie Hancock (music)
04. Oh! Oh! Here He Comes Herbie Hancock (music)
05. Jessica Herbie Hancock (music)
06. Fat Albert Rotunda Herbie Hancock (music)
07. Lil' Brother Herbie Hancock (music)

[Links: Joe Henderson]
Joe Henderson Discography (by Jeffrey Lovell @ JazzDiscography.com)
Joe Henderson Discography Project (@ Jazz Discography Project)
[Links: Herbie Hancock]
Herbie Hancock: The Offcial Site (Official Website)
Herbie Hancock Discography (by Christian Genzel)
[Links: Buster Williams]
Buster Williams (Official Website)

最後にポチッとよろしく。 人気ブログランキング


posted by ユキヒロ at 11:41| Comment(0) | TrackBack(1) | Warner Bros. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

音楽ライターが、書けなかった話
Excerpt: 音楽ライターが、書けなかった話
Weblog: 忍者大好きいななさむ書房
Tracked: 2009-06-26 12:06
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。