2007年05月19日

ハービー・ハンコック『ザ・プリズナー』

theprisoner.jpg Herbie Hancock - The Prisoner

1968年の夏を境に、ハービー・ハンコックは5年間在籍したマイルス・バンドを退団します。当時、マイルスは複数のキーボード奏者を投入した分厚いサウンドを試していたため、何度かスタジオに足を運んだハービーですが(その成果は『イン・ア・サイレント・ウェイ』『ジャック・ジョンソン』『ゲット・アップ・ウィズ・イット』『ライヴ・イヴル』『オン・ザ・コーナー』などに分散して収録されています)、ふだんは自己のグループを率いて活動していました。

そのグループがトリオでなくセクステットだったという事実は、この時期のハービーの指向をよく表しています。前作『スピーク・ライク・ア・チャイルド』で、3管ホーン・セクションをバックに美しいピアノ世界を描き出したハービーは、この路線をさらに追求しようとレギュラー・セクステットを結成、さらに曲ごとに2組の3管を加えた計6管でアレンジの才を見せつけたのが、1969年4月録音の『ザ・プリズナー』です。

1曲目〈アイ・ハヴ・ア・ドリーム〉(有名なマーティン・ルーサー・キング Jr. 牧師の演説の一節。1963年8月28日のワシントン大行進にて)、2曲目〈ザ・プリズナー〉(囚われの身)と続けば、当然、黒人の地位向上を訴えたゴリゴリのプロテスト・ミュージックだと思うでしょう? でも、聴こえてくる音楽は、アレンジ重視の白っぽい音楽だったりするわけで、その落差にちょっと戸惑います。対象に没入しない、ハービーらしさがこんなところにも見え隠れしています。

編成からいっても『スピーク〜』の延長線上の作品なのは明らかですが、この両者、聴いた印象はずいぶん違います。『スピーク〜』は奇跡的なバランスで描き出された一枚の美しい絵画、『ザ・プリズナー』はねらいすぎて的をはずしたイミテーションといったらいいすぎでしょうか(いいすぎですね、やっぱり)。

たしかに洗練の度合いはあがっています。よく考えられたアレンジが、耳に心地よい風を運んでくれます。でも、それだけです。CTI のイージー・リスニング路線と同じにおいがします(そういえばこの時期、ハービーは、ウェス・モンゴメリーの『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』を皮切りに、CTI の諸作に名前を連ねて、小遣い稼ぎに精を出していますね)。BGM として流すには気持ちのいい音楽ですが、残念ながら何度も取り出して聴く気にはなりません。

この作品を最後に、ハービーはブルーノートに別れを告げ、メジャーのワーナー・ブラザーズへ移籍します。人呼んで「暗黒時代」のはじまりです。

 

Herbie Hancock "The Prisoner"
(Blue Note BST 84321)

Johnny Coles (flugelhorn)
Garnett Brown (trombone)
Joe Henderson (tenor sax, alto flute)
Herbie Hancock (piano, electric piano)
Buster Williams (bass)
Albert "Tootie" Heath (drums)

with horn section on #1, 2, 4
Hubert Laws (flute)
Jerome Richardson (bass clarinet)
Tony Studd (bass trombone)

with horn section on #3, 5
Jerome Richardson (flute)
Romeo Penque (bass clarinet)
Jack Jeffers (bass trombone)

Produced by Duke Pearson
Recorded by Rudy Van Gelder
Recorded at the Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ; April 18 (#2, 4), 21 (#1), 23 (#3, 5), 1969

[Tracks] Herbie Hancock - The Prisoner
01. I Have A Dream Herbie Hancock (music)
02. The Prisoner Herbie Hancock (music)
03. Firewater Buster Williams (music)
04. He Who Lives In Fear Herbie Hancock (music)
05. Promise Of The Sun Herbie Hancock (music)

[Links: Joe Henderson]
Joe Henderson Discography (by Jeffrey Lovell @ JazzDiscography.com)
Joe Henderson Discography Project (@ Jazz Discography Project)
[Links: Herbie Hancock]
Herbie Hancock: The Offcial Site (Official Website)
Herbie Hancock Discography (by Christian Genzel)
[Links: Buster Williams]
Buster Williams (Official Website)

最後にポチッとよろしく。 人気ブログランキング


posted by ユキヒロ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Blue Note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。