2006年10月05日

ケイコ・リー『ライヴ・アット・ベイシー』

keikolee_liveatbasie.jpg

最近買った CD を何枚か。ケイコ・リーの新譜『ライヴ・アット・ベイシー』は、岩手県一関にあるジャズ喫茶ベイシーにおけるライヴ録音です。ゲストはベテラン・ピアニスト、ハンク・ジョーンズ。それに彼女の作品ではおなじみのベーシスト、坂井紅介が参加しています。

曲目を見ると有名スタンダードばかりだし、〈ウィロウ・ウィープ・フォー・ミー(柳よ泣いておくれ)〉とか(デビュー作『イマジン』に収録)、〈ラヴァー・カムバック・トゥ・ミー(恋人よわれに帰れ)〉とか、〈カム・レイン・オア・カム・シャイン(降っても晴れても)〉とか(2nd アルバム『キッキン・イット・ウィズ・ケイコ・リ―』に収録)、〈マイ・ロマンス〉とか(3rd アルバム『ビューティフル・ラヴ』に収録)、くり返し聴いたので、彼女の歌い方が耳元に残っているような、なつかしい曲もちらほらしています。

これはもしや、ケイコ・リ―にハンク・ジョーンズをぶつけて(二人は以前、『バット・ビューティフル』で共演している)、いっちょライヴでも録っちゃいましょうか、みたいな安直なアルバムではないかと疑っていたのですが、ホントにそのとおりだったのには笑いました。

くわしくは、ベイシー店主の菅原正二さんのライナーノーツ「歴史は夜つくられる」を読んでほしいのですが、もともとはプロデューサーの伊東八十八さんの「ハンクのソロピアノ、ベイシーでやりませんか?」という一本の思いつき電話からはじまったこの企画、あれよあれよという間に、1枚のライヴ盤にまとまっていきます。メンバーは前日入りしたケイコ・リーを除いて、当日に一関入り。リハーサルもそこそこに、ほとんどぶっつけ本番でできあがったのが、このアルバムです。

ジャケット写真、いつものケイコ・リ―のアルバムとは雰囲気が違うな、と思っていたら、なんと、店主の菅原さんが自ら撮影したものだそうです。この手づくり感こそ、このアルバムの命です。控えめなハンクのピアノをバックに、ディープな歌声でしっとりと歌い上げるケイコ・リ―。企画は安直でも、いいものが録れる。ジャズだなあ。



"Keiko Lee Live At Basie With Hank Jones"
(Sony SICP 10027)

Keiko Lee (vocal)
Hank Jones (piano)
Benisuke Sakai (bass)

Produced by Yasohachi Itoh, Shoji Sugawara
Recorded by Naoto Tanemura
Recorded live at Basie, Ichinoseki; March 10, 2006

[Tracks]
01. Oh Look At Me Now Joe Bushkin, John De Vries (music and lyrics)
02. Willow Weep For Me Ann Ronell (music and lyrics)
03. Someone To Watch Over Me George Gershwin (music) / Ira Gershwin (lyrics)
04. My Romance Richard Rodgers (music) / Lorenz Hart (lyrics)
05. 'S Wonderful George Gershwin (music) / Ira Gershwin (lyrics)
06. Come Rain Or Come Shine Harold Arlen (music) / Johnny Mercer (lyrics)
07. 'Round Midnight Thelonious Monk, Cootie Williams (music) / Bernie Hanighen (lyrics)
08. But Beautiful Jimmy Van Heusen (music) / Johnny Burke (lyrics)
09. Lover Come Back To Me Sigmund Romberg (music) / Oscar Hammerstein II (lyrics)
10. The Very Thought Of You Ray Noble (music and lyrics)

[Links: Keiko Lee]
Keiko Lee: Official Web Site
Keiko Lee: Sony Jazz
[Links: Benisuke Sakai]
坂井紅介のHP

最後にポチッとよろしく。 人気ブログランキング
posted by ユキヒロ at 12:55| Comment(1) | TrackBack(0) | Sony BMG 系 [新録音] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
nike氣墊鞋
Posted by nike氣墊鞋 at 2016年04月08日 00:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24925093

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。