2004年11月30日

アストル・ピアソラ『ザ・ラフ・ダンサー・アンド・ザ・サイクリカル・ナイト』

theroughdancer.jpg Astor Piazzolla - Rough Dancer and the Cyclical Night

キップ・ハンラハン、プロデュースのアストル・ピアソラ3部作の1つです。強烈なインパクトで聞くものを圧倒する『タンゴ・ゼロ・アワー』と泣きのヴァイオリンで涙腺がゆるみっぱなしの『ラ・カモーラ』にはさまれてやや損した感もあるけれど、この『ザ・ラフ・ダンサー・アンド・ザ・サイクリカル・ナイト』は管入りの作品ということで、いつもとは違ったピアソラが楽しめます(たしかに管が入ったことで「ゆるさ」が増した嫌いもあるけれど、毎日ヘヴィ級の作品ばかり聞いていたら、心臓に悪いでしょ?)

本作『ラフな踊り子とくり返される夜』は、ブエノスアイレスにはじまるタンゴの歴史を舞台化した作品「Tango Apasionado」で使われた音楽だそうです。そういわれてみると、たしかにいつもより色彩感にあふれた作品になっている気がするから不思議です。

追記:
私は知らなかったのですが、ウォン・カーウァイ監督の映画『ブエノスアイレス』でもこのアルバムの曲が使われたようですね。ゲイの恋愛を描いた作品として評価が高いそうなので、興味がある方はどうぞ(私は、未見です)。

 

Astor Piazzolla "The Rough Dancer And The Cyclical Night (Tango Apasionado)"
(American Clave AMCL-1019)

Astor Piazzolla (bandneon)
Pablo Ziegler (piano)
Fernando Suarez Paz (violin)
Rodolfo Alchourron (electric guitar)
Andy Gonzalez (bass)
Paquito D'Rivera (alto sax, clarinet)

Produced by Kip Hanrahan
Recorded at Radio City Studio, NY; August - September, 1987

[Tracks] Astor Piazzolla - Rough Dancer and the Cyclical Night
01. Prologue (Tango Apasionado) (music: Astor Piazzolla)
02. Milonga For Three (music: Astor Piazzolla)
03. Street Tango (music: Astor Piazzolla)
04. Milonga Picaresque (music: Astor Piazzolla)
05. Knife Fight (music: Astor Piazzolla)
06. Leonora's Song (music: Astor Piazzolla)
07. Prelude To The Cyclical Night (Part 1) (music: Astor Piazzolla)
08. Butcher's Death (music: Astor Piazzolla)
09. Leijia's Game (music: Astor Piazzolla)
10. Milonga For Three (Reprise) (music: Astor Piazzolla)
11. Bailongo (music: Astor Piazzolla)
12. Leonora's Love Theme (music: Astor Piazzolla)
13. Finale (Tango Apasionado) (music: Astor Piazzolla)
14. Prelude To The Cyclical Night (Part 2) (music: Astor Piazzolla)

[Links: Astor Piazzolla]
Astor Piazzolla (Official Website)
さるでもわかるアストル・ピアソラ
ピアソラ資料室
Astor Piazzolla (@ 工藤庸介のPrivate Page)

最後にポチッとよろしく。 人気ブログランキング
posted by ユキヒロ at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | american clave | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月29日

アストル・ピアソラ『タンゴ:ゼロ・アワー』

tangozerohour.jpg Astor Piazzolla - Tango: Zero Hour

ミュージシャンとしてのキップ・ハンラハンはラテンを中心に、ジャンルを越境する刺激的な作品をいくつも世に送り出していますが、アメリカン・クラヴェのレーベル・プロデューサーとしてのキップに目を向けたとき、彼の残した最大の業績は、アストル・ピアソラの3部作をものにしたこと、これにつきると思います(実際、それまで一部の熱狂的ファンを除いて無名に近かったキップの名が一躍世界に知られるようになったのは、ピアソラの作品を通じてでした)。

アストル・ピアソラ(1921〜1992)。アルゼンチン・タンゴの革命児。ローカルな民族音楽にすぎなかったタンゴを、普遍的な芸術の域まで高めた男。というと、むずかしそうな感じがするかもしれませんが、そんなことはありません。というか、はっきりいって、ピアソラを聞かないなんて、人生における損失の1つじゃないか、なんて思うわけです。それくらい刺激的な音楽です。

この『タンゴ:ゼロ・アワー』はピアソラ五重奏団(キンテートという。たぶんクインテットのスペイン語読みでしょう。バンドネオン、バイオリン、ピアノ、ギター、ベースからなります)の最高傑作の1つとして知られています。

プロデューサーのキップの力量によるところが大きいのか、ラテン特有の「ゆるさ」がまったく感じられない、非常に引き締まった音楽になっています。アルバム全体が怖いくらいの緊迫感にみちていて、一部のスキもない。聴いていて鳥肌が立つ。こんな作品はめったにあるものではありません。

こんなこと書くと、コアなジャズファンから怒られてしまうかもしれませんが(笑)、この作品には、近頃のジャズが失ってしまったシリアスさ、緊張感が詰まっていて、個人的には、マイルス・デイヴィスの『カインド・オブ・ブルー』と肩を並べる作品じゃないかと思っています。それくらい、すごい。ブームは去っても、ピアソラの音楽は永遠です!



Astor Piazzolla "Tango: Zero Hour"
(American Clave AMCL-1013)

Astor Piazzolla (bandneon)
Pablo Ziegler (piano)
Fernando Suarez Paz (violin)
Horacio Malvicino Sr. (guitar)
Hector Console (bass)

Produced by Kip Hanrahan
Recorded May 1986

[Tracks] Astor Piazzolla - Tango: Zero Hour
01. Tanguedia III (music: Astor Piazzolla)
02. Milonga del Angel (music: Astor Piazzolla)
03. Concierto Para Quinteto (music: Astor Piazzolla)
04. Milonga Loca (music: Astor Piazzolla)
05. Michelangelo '70 (music: Astor Piazzolla)
06. Contrabajisimo (music: Astor Piazzolla)
07. Mumuki (music: Astor Piazzolla)

[Links: Astor Piazzolla]
Astor Piazzolla (Official Website)
さるでもわかるアストル・ピアソラ
ピアソラ資料室
Astor Piazzolla (@ 工藤庸介の Private Page)

最後にポチッとよろしく。 人気ブログランキング
posted by ユキヒロ at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | american clave | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月26日

キップ・ハンラハン『千夜一夜物語(シャドウ・ナイト)』

shadownight1.jpg shadownight2.jpg

前回に引き続き、キップ・ハンラハンの『千夜一夜物語(アラビアン・ナイト)』第2弾『A THOUSAND NIGHTS AND A NIGHT(SHAOW NIGHT)』です(アメリカン・クラヴェより)。

メンバーの変遷を見ていると、やはりコストの問題でしょうか、徐々に人数が減ってきていますね。前作『レッド・ナイト』が納得するまでつくり込まれた感じがするのと比べると、どうしても「あっさり感」を感じてしまうのは私だけじゃないはず。前作ではミュージシャンが入れ替わり立ち替わりキャストを演じ、それが楽しみでもあり、作品に奥行きをもたせていたわけですが、『シャドウ・ナイト−2』になると、もはやキャストは1人だけ。やっぱり物足りないなあ。

ただ、この『千夜一夜物語』が生み出す音世界は、ほかでは得られないエキゾチックな悦楽をもたらしてくれるのは紛れもない事実だから、前作の路線が好きな人は絶対買いの1枚です。

それと、ジャズ的にいうと、『シャドウ・ナイト−2』ではドン・プーレンと D.D. ジャクソンが何曲かで共演しています。これって、めちゃくちゃ貴重だと思うんです。ドン・プーレンが亡くなったのが、1995年4月22日。その隙間を埋めるように D.D. がシーンに登場したのが、1995年前後です。打楽器的奏法の血の継承は、実はキップのアルバムを通じてのことだったかもしれません。

もとは2枚別々のアルバムですが、日本発売元のイーストワークスから2枚組のセットで発売されました。



Kip Hanrahan "A Thousand Nights And A Night (Shadow Night -1)"
(American Clave AMCL-1042)

Kip Hanrahan "A Thousand Nights And A Night (Shadow Night -2)"
(American Clave AMCL-1043)

Shadow Night -1:
Carmen Lundy [as Blue Shalimah] #2, 3 [as Zummarud] #13
Jennifer Resnick [as Shahrazade] #4, 11, 16
Charles Neville [as Ghanim ibn Ayyub] #9 (tenor sax) #9
Henry Threadgli (alto sax) #16
Michael Cain (piano) #2, 3, 4, 8, 11, 16
Don Pullen (piano) #5, 7, 8, 12, 14, 15
Branden Ross (guitar) #16
Eric Schenkman (guitar) #12
Billy Bang (violin) #12
Alfred Triff (violin) #13
Steve Swallow (bass) #1, 3, 9, 10
Andy Gonzalez (bass) #4, 7, 8
Fernando Saunders (bass) #10, 12
Milton Cardona (chekere) #2
Paoli Mejias (congas) #2, 3, 6, 7, 8, 12, 13 (chekere) #2, 3
Anthony Carrillo (congas) #4, 6, 7, 8, 12 (bongo) #9 (chekere) #2 (hand claps) #3
Richie Flores (congas) #4, 6, 7, 8, 12
Eric Valez (congas) #13
Puntilla Orlando Rios (congas) #11, 13 (hand claps) #2, 3
Abraham Rodriguez (congas) #13 (hand claps) #2
Robby Ameen (trap drums) #4, 6, 7, 8, 9, 10, 12, 13 (hand claps) #2, 3
JT Lewis (trap drums) #5, 14, 15
El Negro Horacio Hernandez (trap drums) #9, 10
Kip Hanrahan (hand claps) #2, 3 (percussion) #13

Produced by Kip Hanrahan
Recorded by Jon Fausty
Mixed by Mike Krowiak
Recorded in New York, beteween July 1994 and June 1996

Shadow Night -2:
Erica Larsen [as Shahrazade] #4, 5, 6, 7, 8, 10, 11, 13
Don Pullen (piano) #1, 2, 3, 12, 13 (organ) #9
D.D. Jackson (piano) #1, 3, 9. 12, 13
Alfred Triff (violin) #4, 5, 6, 7, 8, 11
Fernando Saunders (bass) #4, 5, 6, 7, 9, 11
JT Lewis (trap drums) #1, 2, 8, 9, 12
Roby Ameen (trap drums) #4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11
El Negro Horacio Hernandez (trap drums) #4, 5, 6, 7, 8, 9, 11
Paoli Mejias (quinto) #10
Richie Flores (quinto) #10
Anthony Carrillo (congas) #10

Produced by Kip Hanrahan
Recorded and Mixed by Jon Fausty, Mike Krowiak
Recorded in New York, between July 1994 and March 1998

[Tracks: Shadow Night -1]
01. Shahrazade And The Opening Of The First Shadow Night (music: Kip Hanrahan, Michael Cain)
02. Blue Shalimah's Tale, Opening (music: Kip Hanrahan)
03. Blue Shalimah's Tale, Continuing (music: Kip Hanrahan, Michael Cain)
04. Shahrazade's First Shadow Night Lover (music: Kip Hanrahan)
05. The Blonde Woman Escapes (music: Kip Hanrahan, Weisberg)
06. The Hasheater At The Gates Of The Summer City (music: Kip Hanrahan)
07. The Hasheater In Judgement / And The Revival Of The Thousand Pound Elephant (music: Kip Hanrahan)
08. A Woman's Trick (music: Kip Hanrahan)
09. Ghanim Ibn Ayyub's Tale And Kut Al-Kulub (music: Kip Hanrahan, Steve Swallow)
10. The Jewish Doctor's Tale Continues (music: Kip Hanrahan)
11. Shahrazade's Adrift (music: Kip Hanrahan)
12. The Sleeper Awakened (music: Kip Hanrahan)
13. Zummarud's Tale Continues With The Thieves (music: Kip Hanrahan)
14. The Brown Eyed Woman Escapes (music: Kip Hanrahan)
15. The Red Headed Woman Remains With The Merchant (music: Kip Hanrahan)
16. Shahrazade And The Closing Of The First Shadow Night (music: Kip Hanrahan, Branden Ross, Michael Cain, Henry Threadgli)

[Tracks: Shadow Night -2]
01. Shahrazade Watches Birds Through An Alabaster Cealing (music: Kip Hanrahan)
02. The Jinniya Sleeps On The Alabaster Cealing, The Coolness Of The Stone... (music: Kip Hanrahan)
03. Birds Through The Alabaster Cealing (music: Kip Hanrahan)
04. "The Illusion Of Commerce", Part 1 Of Shadow Nights -2 (music: Kip Hanrahan)
05. "The Jinn Of Class", Part One Of Shadow Nights -2 (music: Kip Hanrahan)
06. "The Lie Of The Possibility Of Fairness In Contracts In Capitalism", The First Part Of Shadow Nights -2 (music: Kip Hanrahan)
07. "Fear", Opening (Shadow Nights-2) (music: Kip Hanrahan)
08. Commerce - Erica/Negro/Roby/JT (music: Kip Hanrahan)
09. The Tale Of The Youth Behind Whom Indian And Chinese Music Was Played, And The Tale Of The Jaundiced Youth (music: Kip Hanrahan)
10. Accuracy Of Location In Shahrazade's Shadow Night (music: Kip Hanrahan, Poli Mejias, Richie Flores, Anthony Carrillo, Roby Ameen)
11. "Faith And Resolve", Parts One And Three Of Shadow Nights -2 (music: Kip Hanrahan)
12. The Man Who Stole The Golden Plate From Which The Dog Had Eaten (music: Kip Hanrahan)
13. Ishaak Of Mosul, His Mistress And The Devil (music: Kip Hanrahan)
14. Shahrazade And The Forming Of The Next Day (music: Kip Hanrahan)

[Links: Kip Hanrahan]
Kip Hanrahan (Official Website @ American Clave)
[Links: Brandon Ross]
Brandon Ross (Official Website)
[Links: Carmen Lundy]
Carmen Lundy (Official Website)
[Links: Charles Neville]
Neville Brothers (Official Website)
[Links: Michael Cain]
Michael Cain (Official Website)
[Links: D.D. Jackson]
D.D. Jackson (Official Website)

最後にポチッとよろしく。 人気ブログランキング
posted by ユキヒロ at 06:58| Comment(1) | TrackBack(0) | american clave | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月16日

キップ・ハンラハン『千夜一夜物語(レッド・ナイト)』

rednight.jpg

ラテンからジャズ、そして現代の語り部へ。
縦横無尽にジャンルを乗り越える越境者、
キップ・ハンラハンのライフ・ワーク
『千夜一夜物語(アラビアン・ナイト)』の第一弾『レッド・ナイト』です。
(キップが主宰するレーベル、アメリカン・クラヴェより。
 日本発売元は綾戸智絵でおなじみ、イーストワークスです)

砂漠の民に代々語り継がれてきた物語を、
音の魔術師キップがあざやかに現代に甦らせます。
世界各国のフォークロアがそうであるように、
おそらく村の長から若者たちへ
夜な夜な語り継がれてきたその物語は、
焚き火のあやしいきらめきとともに、
私たちの記憶に刻まれていきます。

この作品を彩るミュージシャンの多くは、
登場人物の1人として劇の中で役を演じ、
物語を紡ぎ出していきます。

印象的なのは、パーカッションのリズムと絡む
カーメン・ランディの声。
ラップ以前の、「語り」としてのヴォイス。
みなさんも満天の星空のもと、焚き火を取り囲んで車座になり、
過去から現代、そして未来へ語り継がれるこの物語の、
一証人となってみませんか。続きを読む
posted by ユキヒロ at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | american clave | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月12日

カサンドラ・ウィルソン『ニュー・ムーン・ドーター』

newmoondaughter.jpg

生々しく質感のあるギターの音、というと思い出すのがこのアルバム。
カサンドラ・ウィルソンの『ニュー・ムーン・ドーター』です。
カサンドラの最高傑作というだけじゃなく、
90年代のジャズボーカルを代表するアルバムです。
ブルーノートより)

彼女を知らない人は、まずその声に驚かされるでしょう。
地の底を這うような低音。
闇の中で響き渡るブルース。
男性でもこれほど存在感が際立った
ヴォーカルはいないんじゃないか。
それぐらいインパクトのある声です。

マッチを摺る音からはじまる1曲目の〈奇妙な果実〉。
冒頭の数秒を聞いただけで、完全にノックアウトされました。
不世出のジャズシンガー、ビリー・ホリディの代表曲で、
彼女の自伝のタイトルにもなったこの曲は、
あまりにもビリーのイメージが強すぎて、
めったにカバーする人はいません。
でも、カサンドラはあえてこの曲に挑戦し、
そして見事に自分の曲にしています。

ほかにも、U2、ハンク・ウィリアムス、ニール・ヤング、
モンキーズの曲などを歌っていますが、
どれも完全にカサンドラの曲になっています。
ギターとパーカッションを主体にした暗黒のブルース。
(カサンドラは、デビュー仕立ての頃は
 ギターの弾き語りをしていたそうです)
ジャズファンならずとも、ぜひ聞いてほしいアルバムです。続きを読む
posted by ユキヒロ at 09:20| Comment(2) | TrackBack(0) | EMI 系 [新録音] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月11日

キザイア・ジョーンズ『ブルファンク・イズ・ア・ファクト!』

blufunkisafact.jpg

ナイジェリア出身、UK のストリート・シーンから
衝撃のデビューを飾ったキザイア・ジョーンズ。
といっても、もうひと昔前の話です。
カキ・キングのギターを聞いていたら、
あの頃のワクワク感を取り戻したくて、
久々に引っ張り出してきました(オッサンだな、私も)。

ブルファンク・イズ・ア・ファクト!』。
ザラリとした触感、跳ねるリズム、
くすぶった感情をそのまま表出したような荒々しさ、激しさ。
ふだんオブラートに包まれたような「作品」としての
音楽ばかり聞いているから、
こういうナマの音、ピュアで一途なソウルに接すると、
魂が激しく揺すぶられ、内なる野性に火が灯る。
フリー・ユア・ソウル!

キザイアはその後、何枚かのアルバムを出しますが、
このデビュー盤の衝撃を超えることはできませんでした。
獲物をねらうかのようなギラギラした感じがどんどんはぎ取られて、
ふつうの人になってしまったのです。
野生の動物が飼いならされていくような
物哀しさを感じたのを覚えています。続きを読む
posted by ユキヒロ at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月09日

カキ・キング『レッグス・トゥ・メイク・アス・ロンガー』

legstomakeuslonger.jpg

あまりの忙しさに徹夜の連続で、
昨日はどうしても書き込みできませんでした。
なんとか無事原稿を入れて、やっと一息ついたところです。ふうっ。

さて、今回はソロギター作品を紹介しましょう。
(曲によってはドラムなどが入る)
ソロギターというと、ジャズの世界では「ヴァーチュオーゾ(巨匠)」
ジョー・パスがすぐに浮かびますが、
今日紹介するのはジャズではありません。
カキ・キング、みなさん知ってますか? 
私は知りませんでした。
先日、新宿のタワーレコードに行ったら
コメント付きでディスプレイされていて、
(お店のコメントって気になるでしょ?)
思わず買ってしまいました。そしたら、大当たり!

彼女はギターをただ弾くだけでなく、
パーカッションのように叩いてリズムを生み出します。
オフィシャル・サイトに動画がおいてあるので、気になる人は確認して)
音とリズムが何層にも重なり、たった1人で弾いているなんて、
いわれないとわからないかもしれません。
その昔、キザイア・ジョーンズ(どこ行っちゃったんでしょうか?)
をはじめて聞いたときと同じような衝撃を受けました。
レッグス・トゥ・メイク・アス・ロンガー』、おすすめです。続きを読む
posted by ユキヒロ at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 [新録音] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月05日

ミラバッシ,ボルトロ,フェリス ((( エア )))

air.jpg

ジョヴァンニ・ミラバッシの第4弾。
今回は、トリオはトリオでも、
トランペット、トロンボーン、ピアノの超変則的トリオです。

「ベースとドラム抜きなんて、気の抜けたコーラみたいなもんだ」
というあなた、あなたはたぶん正しい。
そう、ジャズをジャズたらしめているのは、
骨太のベースラインとドラムの刻むリズムです。
だから、体にしみこんだ黒人特有のリズム感をもたない
白人のソロピアノ作品は、
ジャズというよりヒーリング・ミュージック、
現代音楽のコーナーにおいたほうがシックリ
くるものが多いんです、きっと(それはそれで好きですが)。

でも、たまには、そういう癒しの音楽に
身を預けるのもいいものです。
((( Air )))』というネーミングがピッタリの、
透明感と奥行きを感じさせる行き方。
澤野工房のライナーでは
「ドリーミィ」という表現を使っていますが、
まさに夢見るような、静かな感動が心を満たします。
ヨーロッパでしか生まれ得ない作品です。

ちなみに、トランペットのフラヴィオ・ボルトロは一時期、
ステファノ・ディ・バティスタとチームを組んで、
ペトちゃんの『ボース・ワールズ』に参加したり、
ア・プリマ・ヴィスタ』という傑作をものにしたりしています。続きを読む
posted by ユキヒロ at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 澤野工房系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月04日

ジョヴァンニ・ミラバッシ『ダル・ヴィヴォ!』

dalvivo.jpg

昨日は下の娘の七五三。
が、着物を着るのを泣いてイヤがり、
結局、着物なし、写真撮影なしで、
(といっても、当日なのでキャンセルできず代金だけ支払う)
お参りだけ行ってきました。トホホ。

気を取り直して、ジョヴァンニ・ミラバッシのライヴ盤
ダル・ヴィヴォ!』にいきましょう。
スケッチレーベルより)

2、3、5、7曲目は 1st アルバム『アーキテクチャー
で取り上げられていた曲の再演ですが、
ライヴということもあって、
ひと味違った雰囲気を楽しめます。

でも、本当のお楽しみは最後まで取っておくもの。
アルバムの最後を飾るのは、『アヴァンティ!
の冒頭で私をトリコにしたあの名曲、
〈El Pueblo Unido Jamas Sera Vencido〉です。
思わず「出た!」と叫んでしまった私の気持ち、
わかる人にはわかってもらえるはずです(笑)。続きを読む
posted by ユキヒロ at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 澤野工房系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月02日

ジョヴァンニ・ミラバッシ『アヴァンティ!』

avanti.jpg

あなたは最近、涙を流しましたか?
音楽を聞いて、涙がほほを濡らすくらい感動した経験は、
私も数えるくらいしかないけれど、このアルバムはその1つです。
なんて哀しい音楽でしょう。
なんてやさしい音楽でしょう。
そして、なんて美しい音楽なのでしょうか。

ここに収められたのは、反独裁、反戦を歌った曲の数々。
抑圧された民族の魂の叫び。
民族解放戦線というと共産主義のにおいがするけれど、
そういった主義・主張を乗り越えて、
自由と平和を求めた人々の営みが、
哀しい曲調のなかに封じ込められています。

ジョヴァンニ・ミラバッシは、たった1人でピアノに向かいます。
気の利いたアレンジ、小手先のフェイク、
そういったものをやめて、ただひたすらシンプルに旋律を追う。
それだけで十分、それだけで聞く者の心をわしづかみにする
何かが、これらの歌にはあります。

ここ数年で一番の収穫、ミラバッシの『アヴァンティ』は
スケッチレーベルより(輸入販売元は澤野商会)。続きを読む
posted by ユキヒロ at 09:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 澤野工房系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月01日

ジョヴァンニ・ミラバッシ『アーキテクチャー』

architectures.jpg

今週は本業で2つの〆切を抱えていて、大ピンチ。
というわけで、かんたんにいきます(すみません)。

ジョヴァンニ・ミラバッシは、
フランスのスケッチレーベル
(グラフィック・デザイナーがはじめたインディーズ・レーベル。
 といっても、作品の質はきわめて高い。
 さすが本職なだけあって、毎回、
 すてきなアートワークで楽しませてくれます。
 輸入販売元は、ご存じ澤野商会です)
イチ押しのピアニスト。トリオ主体の演奏ですが、美旋律の宝庫です。

ミラバッシは、ジョージ・クルーニー似のイイ男。
彼の生み出す曲は、そのクールなイイ男ぶりに似合わず、
感情の起伏に富んだ、とてもいい曲ばかりです。
日本人好みの美旋律が、これでもかというくらい入っています。

追記:
スケッチ・レーベルは、その後破産してしまいました。
実は、個人的には、数ある澤野作品の中でも、
好きなアルバムはほとんどスケッチの作品ばかりだったので、
非常に残念です。
スケッチの過去の作品は、澤野商会がその権利を買い取った
そうですが(これ自体はすばらしい決断だと思います)、
あのアートワークがもう見られないかと思うと、
やはりさみしいものがあります。続きを読む
posted by ユキヒロ at 09:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 澤野工房系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。