2004年09月30日

ジャンゴ・ベイツ『サマー・フルーツ』

summerfruits.jpg

ジャンゴ・ベイツの jMT 三部作も今日が最後。
もぎたての『夏のフルーツ』を召し上がれ。

ジャンゴの楽しさは、バラエティに富んだ作曲にあるのですが、
タイトルづけにも、彼独特のユーモラスなセンスがにじみ出ています。
だって、
〈肘掛け椅子のマーチ〉
〈プランクトンの餌〉
〈プリンの女王〉
〈サーカスの夜〉なんですよ。
曲名を見ただけで、聞いてみたくなってきたでしょ? 
聞けばもっと楽しめます。
思わず口ずさみたくなるような、
印象的なメロディーの洪水を全身で浴びてください。

ジャケット写真にもオレンジ色の「兜」がありますが、
裏ジャケットには新聞紙でつくった「兜」をかぶった
ジャンゴその人が写っています。
何か意味があるのでしょうか?

ところで、ジャンゴ・ベイツは
1997年にデンマークの「ジャズパー賞」を受賞しました。
この賞がらみで2枚の CD も製作されています。
ライク・ライフ』と『クワイエット・ナイツ』がそれです。
それぞれ楽しい作品ですが、
こちらについては、またの機会に。続きを読む
posted by ユキヒロ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。